[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高熱40度でダウン→1週間後に優勝 モデルジャパン部門・荒張英好の“逆境打破”ボディ

一般社団法人ベストボディ・ジャパン協会が主催する「ベストボディ・ジャパン2022首都圏大会」が10月22日に千葉・習志野文化ホールで開催され、各部門で筋肉美が競われた。18~29歳以上が対象のモデルジャパン部門フレッシャーズクラスでは、26歳の荒張英好が初のグランプリを獲得した。大会1週間前に高熱を出してまさかのダウン。復活までの苦労や日本大会(11月23日、東京・両国国技館)に向けての意気込みなどを聞いた。

18~29歳以上が対象のモデルジャパン部門フレッシャーズクラスでグランプリを獲得した荒張英好【写真:中戸川知世】
18~29歳以上が対象のモデルジャパン部門フレッシャーズクラスでグランプリを獲得した荒張英好【写真:中戸川知世】

ベストボディ・ジャパン首都圏大会

 一般社団法人ベストボディ・ジャパン協会が主催する「ベストボディ・ジャパン2022首都圏大会」が10月22日に千葉・習志野文化ホールで開催され、各部門で筋肉美が競われた。18~29歳以上が対象のモデルジャパン部門フレッシャーズクラスでは、26歳の荒張英好が初のグランプリを獲得した。大会1週間前に高熱を出してまさかのダウン。復活までの苦労や日本大会(11月23日、東京・両国国技館)に向けての意気込みなどを聞いた。

 ◇ ◇ ◇

――優勝した今の気持ちを聞かせてください。

「一言でいうと、めちゃくちゃうれしいです」

――ステージ上の笑顔が素敵でしたが、笑顔を作る秘訣は。

「遺伝ですかね。笑うと目が細くなるというのは(笑)」

――優勝の要因は。

「周りの人たちが支えてくれたことが一番大きいですね。そういう方がいると思ってやっていたので、個人的につらい感じはそれほどなかったです」

――普段はどんな仕事をしていますか。

「東京・錦糸町のジムでパーソナルトレーナーをしています。教え子も今回の大会に出場していたので“師匠”としてはちょっと安心しました。プレッシャーもありましたから」

――これまでなかなか勝てなかった。

「ベストボディ部門のほうで4大会に出て、だいたい6位前後くらいの結果でした。今回モデルジャパンに初挑戦したのですが、たまたまグランプリをいただけました」

――体調管理も大変だったのでは。

「1週間前に40度近い熱を出して、免疫も落ちていたと思います。でもそんなに重くなかったのですぐに回復しました。たぶん、鶏肉に当たったので、みなさんもぜひ気をつけてほしいなと思います」

――日本大会への意気込みを教えてください。

「これだけ大きな、そして出場人数も多かった大会で今日グランプリを取らせていただいたので、次も気を抜かずに、しっかり絞り切って頑張りたいと思います」

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集