[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • トレーニング
  • 元五輪ランナーが日本の子供の足を速くする スプリント指導のプロ集団「0.01」とは

元五輪ランナーが日本の子供の足を速くする スプリント指導のプロ集団「0.01」とは

指導のプロフェッショナルが「走り」を教え、日本の子供たちの足を速くする――。躍進著しい日本陸上界で画期的な取り組みが始まっている。アテネ五輪4×400メートルリレー日本代表の伊藤友広氏(34)と200メートルハードル日本最高記録保持者の秋本真吾氏(35)が共同代表を務め、スプリント指導のプロ組織「0.01」を発足した。

陸上、野球、サッカー…未来のトップ選手目指す「小学生」を変える画期的取り組み

 指導のプロフェッショナルが「走り」を教え、日本の子供たちの足を速くする――。躍進著しい日本陸上界で画期的な取り組みが始まっている。アテネ五輪4×400メートルリレー日本代表の伊藤友広氏(34)と200メートルハードル日本最高記録保持者の秋本真吾氏(35)が共同代表を務め、スプリント指導のプロ組織「0.01」を発足した。

 未来のトップアスリートを目指す「小学生世代」、運動不足など健康状態を懸念する「オトナ世代」、Jリーグ、プロ野球などの第一線で活躍する「現役アスリート」の3つの柱を対象とし、指導を行う。「『0.01秒』でも速くすることにこだわってスプリント指導を行うことで感動、喜びを味わってもらい、さらに『1%』という少ない可能性でも挑戦し、前に進んでいくことで自信の獲得につなげてほしい」との理念でスタートした、かつてないプロジェクトの中身とは――。

 これまで数々のランニング教室や個別指導などで、子供たちの走りを変えてきた伊藤氏は、主に「小学生世代」を担当。「我々はランニング指導のプロフェッショナル集団を目指しています」と強調する。なぜ、陸上界にプロの指導者集団が必要と感じたのか。

「我々のようなスポーツ選手が各スポーツの指導の場に立つ時、指導者として評価される基準は競技実績。僕ならば『オリンピックに出ているから伊藤さんを呼ぼう』となる。ただ、競技実績があるからといって、確実に指導の質が高いかというと、そうでない場合もある。よろしくない指導も見てきた。反対に競技実績はそんなに高くないけど、指導が抜群にうまい人もいる。結局、本当に質の高い指導ができる人はどこにいるのか、依頼する側はわからないというのが現状にあります」

 名選手は名指導者にあらず。だからこそ「競技実績にかかわらず、指導のスペシャリストがここにいます、というような集団を作りたかった」と語る。「子供の現場を見ると、質の低い指導が蔓延している」と指摘した上で、こう明かした。

「50メートル走の全国平均を見ると、文科省のデータでは体が大きくなることによって、1年間で小学1、2年生は0.9秒、3~6年生は0.5秒ずつ速くなる。そういう状況では身長が伸びる、筋肉がつくことで記録が伸びてしまう。つまり、この世代に特に意味のない指導をしたとしても、ただ運動をしているからというだけで、記録が伸びてしまうんです。

 しかし、短期的に見て1~3か月、もしくは極端な話、1回の指導でタイムを伸ばせるかどうかは、できない指導者が多いはずです。子供に対し、あまり良くない指導を施していくと変な癖がついたり、一定のところで伸び止まってしまったり、子供たちのためにならないと感じます。そこで、我々がこういう活動をすることで、いい指導が広がっていくことを目指しています」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
全国高体連公式 インターハイ応援サイト「インハイ.tv」
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー