[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • トレーニング
  • トップ選手になるなら「柔軟性」を磨け その有り無しが“伸び悩み”につながる

トップ選手になるなら「柔軟性」を磨け その有り無しが“伸び悩み”につながる

筋力と柔軟性は切っても切れない密接な関係にある。フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏が、スポーツトレーニングの舞台裏を語る連載。今回はトップ選手を目指すキーポントになる「柔軟性」について、卓球の福原愛、バドミントンの藤井瑞希など日本を代表するアスリートの個人指導経験を持つ同氏に訊いた。

筋力と柔軟性の密接な関係とは【写真:Getty Images】
筋力と柔軟性の密接な関係とは【写真:Getty Images】

適度な柔軟性≒長い現役生活…怪我のリスク軽減とプレーの質を磨く体作りに有効

 筋力と柔軟性は切っても切れない密接な関係にある。フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏が、スポーツトレーニングの舞台裏を語る連載。今回はトップ選手を目指すキーポントになる「柔軟性」について、卓球の福原愛、バドミントンの藤井瑞希など日本を代表するアスリートの個人指導経験を持つ同氏に訊いた。

 ◇ ◇ ◇

 競技の特性いかんに関係なく、すべての競技者は適度な柔軟性が必要です。適度な柔軟性があると、プレーの質を高め、力を発揮し、長く現役を続けることにもつながります。

 例えば股関節。短距離の選手であれば、前後のストライドを広げることでスピードが上がり、テニス選手であれば横のストライドを広げることで、ボールを拾える範囲が拡大します。このように柔軟性の向上は怪我のリスク軽減だけではなく、プレーの質を磨き、良い結果を残す体作りにも欠かせないのです。

 逆に言うと、柔軟性の低下はプレーの質の低下につながります。

 テニスを例にお話をしましょう。テニスの打球動作は、最初に素早くラケットを引き、次に筋肉の反動の力を利用して振ります。この時使われる筋肉の一つが、胸を覆う大胸筋。もしも大胸筋に柔軟性が足りなかったら、十分に腕を引くことができず、素早く、力強いショットを打ち返せません。そして、パワーを出すため、次第に体ごと後ろにひねってラケットを引くようになります。

 すると、選手の体はどうなるのか? 体全体に力が入り、その分、無駄にエネルギーを使うことになります。エネルギーの消耗が激しいため、当然、集中力やプレーの精度もどんどん下がり、良いプレー、勝てるプレーも続かなくなってしまうのです。

 体の使い方は、できるだけ少ない筋肉で効率良く動かして、パワーを出すのが理想的です。そうなればスタミナは持続し、試合後の回復力も高い。結果、怪我をしないことにもつながります。

1 2

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー