[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「五輪決勝はケンと戦いたい」 空手界に君臨する“レジェンド”と“プリンス”の物語

2008年11月、東京・日本武道館。福岡から兄とやってきた12歳の少年は、ある1人の空手家に目が釘付けになった。アゼルバイジャン出身のその空手家は、身長168センチと小柄な体格ながら、2メートルはあろうかという大男たちを次々とちぎっては投げ、ちぎっては投げ、第19回世界空手道選手権大会の組手70キロ級と無差別級で2種目制覇の偉業を成し遂げた。

組手75キロ級世界王者の西村拳【写真:松橋晶子】
組手75キロ級世界王者の西村拳【写真:松橋晶子】

世界大会を5度制した西村拳とアガイエフの出会い

 2008年11月、東京・日本武道館。福岡から兄とやってきた12歳の少年は、ある1人の空手家に目が釘付けになった。アゼルバイジャン出身のその空手家は、身長168センチと小柄な体格ながら、2メートルはあろうかという大男たちを次々とちぎっては投げ、ちぎっては投げ、第19回世界空手道選手権大会の組手70キロ級と無差別級で2種目制覇の偉業を成し遂げた。

 まるで漫画の世界だ――。

 現実のものとは思えない衝撃の戦いぶりに、少年は一気に心を奪われた。中学1年生だった少年はもちろん、日本武道館を訪れた観客すべてを魅了した男の名は、ラファエル・アガイエフ。34歳を迎えた今でも、組手75キロ級で世界トップの一人として君臨する“レジェンド”だ。

 当時「そんなに空手が好きじゃなかった」という少年は、福岡に帰るやいなや空手に没頭。インターネットで動画を検索したり、DVDを買って見たり、鏡の前でアガイエフの構え方を真似てみることもあった。メキメキと頭角を現した少年は、高校で日本一になると、大学では団体ながらアジア選手権で優勝。そして、大学3年だった2016年、KARATE1プレミアリーグのハンブルク大会で世界初制覇を果たして以来、世界大会を5度制覇する。今や、空手界のプリンスと呼ばれ、東京オリンピックで金メダルに最も近いと言われる、このかつての少年こそ、組手75キロ級世界王者の西村拳(チャンプ)だ。

「空手オタクだった兄に連れられていった世界空手で、ボンヤリ会場を歩いていた時に、パッと目がいった選手がいたんです。それがアガイエフでした。アグレッシブで生き生きとした戦いをする上に強い。さらに、誰もしていなかったような技を繰り出す。今ではルール上禁止されているんですけど、柔道でいう一本背負いみたいな投げ技で、2メートルの巨人を投げまくるんですよ。その姿がすごくて、とにかく格好良かったですね」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集