[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“ブラサカ”日本代表は東京でメダル獲得できるのか 南米2強の牙城を崩すために―

40歳代の選手でも「まだまだ伸びしろだらけ」

 日本ブラインドサッカー協会は、視覚障害を持つ子供たちを対象に、サッカーに限らず様々なスポーツを体験できるキャンプを企画してきた。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

「親御さんも参加できるので、そこでコミュニティーに発展することもあります。これまで視覚障害者が取り組むスポーツは、どうしても陸上、柔道など個人競技が中心で、団体競技でもコンタクトを伴うサッカーは敬遠されがちでした。でも最近ではクラブチームも増えてリーグ戦もできた。また何よりプレーをしている選手たちが逞しくなっています。特に国際試合では、相手と身長差があると、バッティングをして出血することもありますが、“縫えば大丈夫”と平然としています」

 現在、強化指定選手は、16歳から43歳まで年齢幅が広い。しかし中川は言う。

「今年行われたワールドグランプリでは40歳代の選手が3人出場した試合がありましたが、まだまだ彼らも伸びしろだらけですよ」

 幸い強化指定選手は関東圏に集中しているので、平日に2度、週末にも2度と、月に4度の短期合宿を繰り返し強化を進めている。

 東京パラリンピックで、南米二強は必然的にグループが分かれる。つまりブラジル、アルゼンチン以外に全勝すればメダルが手に入る。

(文中敬称略)

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集