[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“ブラサカ”日本代表は東京でメダル獲得できるのか 南米2強の牙城を崩すために―

ブラインドサッカー(視覚障がい者サッカー/略称ブラサカ)の歴史は浅い。初めて日本代表戦が行われたのが2002年で、パラリンピックは来年地元開催の東京大会が初挑戦となる。参加8カ国で、日本はメダル獲得を目指すが、簡単な道のりではない。

日本代表はパラリンピックでメダル獲得を目指す【写真提供:日本ブラインドサッカー協会 / 鰐部春雄】
日本代表はパラリンピックでメダル獲得を目指す【写真提供:日本ブラインドサッカー協会 / 鰐部春雄】

【ブラインドサッカー日本代表コーチの挑戦|最終回】ブラジル、アルゼンチン、中国に勝つための強化策

 ブラインドサッカー(視覚障がい者サッカー/略称ブラサカ)の歴史は浅い。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 初めて日本代表戦が行われたのが2002年で、パラリンピックは来年地元開催の東京大会が初挑戦となる。参加8カ国で、日本はメダル獲得を目指すが、簡単な道のりではない。

 日本代表で戦術技術を指導する中川英治コーチの見解である。

「ブラジルとアルゼンチンは、Bチームの層も厚く総合力で抜けています。この南米両国に中国を合わせたのが世界のトップ3。ここに勝つには、何か特別な戦術が必要になります。一方で日本は、イングランド、スペイン、イランなどとともにセカンド・グループなので、同等レベルのチームとの勝率を上げていくのも東京五輪まで残り約400日間の課題となります」

 世界を俯瞰しても、戦術的な改善と普及が急ピッチで進んでいる。

「5年前の世界選手権で、日本は4人でブロックを形成し、相手を引き込んでカウンターという戦術を採っていました。自陣深い位置でボールを奪っても単独ドリブルでカウンターを仕掛けて、3人は残るというやり方です。世界的にもリオ・パラリンピック(2016年)では分業制が中心でしたが、その後一気にコンパクト化が進み、格段にレベルアップしています。タイ、マレーシア、インド、ラオスなどアジア諸国も障害者への支援が見直され、力をつけてきています」

 障害者スポーツの強化には、どうしても悲哀が伴う。

「国際大会に出場するには全盲が条件になります。だから競技力向上だけを考えれば、日本のように医療水準が高いのは有利な条件ではありません。現在日本にも高校生以下のナショナルトレセンがあり、弱視のうちから強化トレーニングをしています。でも彼らが日本代表としてプレーできるのは、視力を失った時なんです。日本代表は強化されても、本人の人生を考えれば最悪の時ですよね」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集