[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「逃げるな」 ブラインドマラソン道下美里を競技者へと変えた伴走者の言葉

2021年に開催延期となった東京パラリンピック。1年後への大舞台で金メダル候補の1人と目されているのが、ブラインドマラソンの道下美里選手だ。今年の別府大分毎日マラソンで自身の持つ世界記録を約2分更新する2時間54分22秒で優勝。新型コロナウイルス感染拡大の影響で練習ができない日もあったが、現在は目指すパラリンピックでの金メダルに向けて、順調にトレーニングを続けている。

東京パラリンピックの金メダル候補と目されるブラインドマラソンの道下美里【写真:三井住友海上提供】
東京パラリンピックの金メダル候補と目されるブラインドマラソンの道下美里【写真:三井住友海上提供】

世界記録保持者が「やっとアスリートに一歩近付けた瞬間」と振り返るレースとは

 2021年に開催延期となった東京パラリンピック。1年後への大舞台で金メダル候補の1人と目されているのが、ブラインドマラソンの道下美里選手だ。今年の別府大分毎日マラソンで自身の持つ世界記録を約2分更新する2時間54分22秒で優勝。新型コロナウイルス感染拡大の影響で練習ができない日もあったが、現在は目指すパラリンピックでの金メダルに向けて、順調にトレーニングを続けている。

【特集】「走ることが幸せ」 ブラインドマラソン世界記録保持者が明かす笑顔の理由 / ブラインドマラソン・道下美里インタビュー(GROWINGへ)

 2014年の防府読売マラソンで初めて世界記録を打ち立てて以来、2度世界記録を更新したり、前回のリオデジャネイロパラリンピックでは銀メダルを獲得するなど、世界トップを争ってきた。周りまで明るく照らす笑顔がトレードマークだが、その笑顔の下には何度も壁にぶち当たり乗り越えてきた経験が隠されている。

 中学生で右目を失明し、24歳で左目の視力も低下。盲学校に通い始めた26歳から、ダイエットを兼ねて走り始めた。生来の負けず嫌いと運動センスもあり、レースに出ると軒並み優勝。当初は800メートルや1500メートルなど中距離を専門とし、好成績を収めていたが、目指すパラリンピック出場には成績をもうひと伸びさせたいところだった。

 競技者として「一番大きな壁だった」と振り返るのは、2008年北京パラリンピックを目指している最中にやってきた。成績が伸び悩んでいた当時の自身を、こう振り返る。

「走っていて『結果が伴わないな』と分かっているレースでも、伴走者の方がガイドをしてくれる中で、私自身は何か困難なことがあった時に、逃げてしまう気持ちが出てくるような子だったんですよ。だから、逃げたい逃げたいっていう気持ちが行動や表情にも表れていたんだと思います」

 北京での日本代表権を手に入れる最後の選考レースだった。ウォーミングアップをしている時、伴走者からこんな声を掛けられた。

 逃げるな――。

「走りたくないっていう気持ちが出ていたんでしょうね。それを見透かされて、伴走者から叱咤激励ですよね。『逃げるな』って声を掛けられて、その時、涙を流しながらスタートラインに立って、涙を拭いながら最後まで走ったことは、今の人生にすごく繋がっています」

 日本代表にはなれなかったが、この時、泣きながらも最後まで走り抜いたことが、競技者として、そして人間として道下を大きく成長させてくれたという。

「仕事をやっていても逃げたいなと思ったり、苦しいなって思うことがあったりするけど、あの時に逃げないで走れたという経験は、その後の人生に役立っています。本当に、まだまだ競技者じゃないというか、趣味で走っていた子が、やっとアスリートに一歩近付けた瞬間でしたね」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集