[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

野中生萌の記事一覧

  • 腕が太くなった野中生萌 東京五輪へ筋力アップ証明「やってきたことに間違いはない」

    2021.01.31

    スポーツクライミングのボルダリング・ジャパンカップ(JC)は31日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝と決勝が行われた。上位6人による女子決勝では、17歳の森秋彩(あい・茨城県連盟)が初優勝。東京五輪代表の野中生萌(みほう・XFLAG)が2位となり、2年ぶり2度目の優勝には届かなかった。

  • 前回女王・伊藤ふたばは3位 涙こらえた野口の敗退「啓代ちゃんがいないのは寂しい」

    2021.01.31

    スポーツクライミングのボルダリング・ジャパンカップ(JC)は31日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝と決勝が行われた。上位6人による女子決勝では、17歳の森秋彩(あい・茨城県連盟)が初優勝、東京五輪代表の野中生萌(みほう・XFLAG)が2位。昨年女王の伊藤ふたば(TEAM au)は3位で2年連続3度目の優勝はならず、悔しそうに大会を振り返った。

  • 17歳森秋彩がボルダリングJC初V 東京五輪代表・野中ら抑え「まさか自分が…」と驚き

    2021.01.31

    スポーツクライミングのボルダリング・ジャパンカップ(JC)は31日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝と決勝が行われた。上位6人による女子決勝では、17歳の森秋彩(あい・茨城県連盟)が初優勝。東京五輪代表の野中生萌(みほう・XFLAG)が2位、昨年女王の伊藤ふたば(TEAM au)が3位、同代表の野口啓代(あきよ・TEAM au)は7位で準決勝敗退だった。

  • 野中生萌、揺れる東京五輪に心境吐露 CAS裁定で代表内定も「いつまでも決まらない」

    2021.01.30

    スポーツクライミングのボルダリング・ジャパンカップは30日、東京・駒沢屋内球技場で予選が行われた。東京五輪代表の野中生萌(みほう・XFLAG)は首位で予選通過。開催可否が揺れる五輪への思いを明かした。

  • 「誰かと一緒になりたくない、絶対に」 女子クライマー・野中生萌という名の個性

    2020.03.26

    クライミングの野中生萌(X FLAG)がこのほど、「THE ANSWER」のインタビューに応じ、女子アスリートとしての競技哲学について語った。東京五輪メダル候補として期待がかかる22歳は日本人クライマー最多18万人のSNSフォロワーを数え、ファッション、ウェアに対するこだわりから、「誰かと一緒になりたくない」という自身の生き方についても思いを明かした。

  • 野中生萌「もういい加減にして」 五輪代表2枠目の争い、CAS裁定ずれ込みに胸中吐露

    2020.02.22

    東京五輪新種目となったスポーツクライミングのスピードジャパンカップは22日、東京・昭島市で行われ、東京五輪出場を目指す野中生萌(みほう・XFLAG)は3位となった。東京五輪出場基準の解釈を巡り、日本協会がスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴しているが、裁定結果が出るのは早くて4月。残り1枠をかけた争いが宙に浮いている状態に、野中は心境を吐露した。大会は17歳の伊藤ふたば(TEAM au)が初優勝し、9日のボルダリングと合わせて2冠を達成した。

  • 野口啓代の五輪内定に「熱い戦い」 ライバル・野中生萌は痛み止め服用「治らない」

    2019.08.20

    東京五輪新種目のスポーツクライミング世界選手権(東京・エスフォルタアリーナ八王子)は20日、スピード、ボルダリング、リードの3種目を合わせた複合の女子決勝が行われ、野口啓代(あきよ・TEAM au)が日本人最上位の2位に入り、東京五輪代表に内定した。開催国枠のある競技を除き、新種目では五輪内定第1号。五輪代表は男女各2枠ずつあり、今大会7位以内の日本人最上位者が内定し、8選手で争われる決勝には日本勢4人が名を連ねていた。優勝はヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)、3位にはショウナ・コクシー(英国)が入った。

  • クライミング、野口啓代が日本人トップ2位で五輪内定 熾烈な争い制し、新種目第1号

    2019.08.20

    東京五輪新種目のスポーツクライミング世界選手権(東京・エスフォルタアリーナ八王子)は20日、スピード、ボルダリング、リードの3種目を合わせた複合の女子決勝が行われ、野口啓代(あきよ・TEAM au)が日本人最上位の2位に入り、東京五輪代表に内定した。開催国枠のある競技を除き、新種目では五輪内定第1号。五輪代表は男女各2枠ずつあり、今大会7位以内の日本人最上位者が内定し、8選手で争われる決勝には日本勢4人が名を連ねていた。優勝はヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)、3位にはショウナ・コクシー(英国)が入った。

  • 野中生萌、藤井快ら4選手が登場 「adidas ROCKSTARS TOKYO」が6月15、16日に開催

    2019.05.30

    スポーツクライミングの野中生萌(XFLAG)、藤井快、楢崎明智(ともにTEAM au)、緒方良行(神奈川大)が、国内トップクライマーによって繰り広げられる「adidas ROCKSTARS TOKYO 2019」(6月15、16日・B-PUMP荻窪)に出場する。

  • 野中生萌が複合JC初女王 「東京五輪も金メダル狙っていく」宣言に会場喝采

    2019.05.26

    スポーツクライミング世界選手権(8月・八王子)の代表選考会を兼ねた複合ジャパンカップ(愛媛・石鎚クライミングパークSAIJO)は26日、女子決勝で野中生萌(XFLAG)が初優勝。2位に前回女王の野口啓代(TEAM au)、3位に森秋彩(つくば開成高)が入った。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集