[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前回女王・伊藤ふたばは3位 涙こらえた野口の敗退「啓代ちゃんがいないのは寂しい」

スポーツクライミングのボルダリング・ジャパンカップ(JC)は31日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝と決勝が行われた。上位6人による女子決勝では、17歳の森秋彩(あい・茨城県連盟)が初優勝、東京五輪代表の野中生萌(みほう・XFLAG)が2位。昨年女王の伊藤ふたば(TEAM au)は3位で2年連続3度目の優勝はならず、悔しそうに大会を振り返った。

準決勝で敗退した野口啓代に駆け寄る伊藤ふたば(左)
準決勝で敗退した野口啓代に駆け寄る伊藤ふたば(左)

ボルダリング・ジャパンカップ準決勝&決勝

 スポーツクライミングのボルダリング・ジャパンカップ(JC)は31日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝と決勝が行われた。上位6人による女子決勝では、17歳の森秋彩(あい・茨城県連盟)が初優勝、東京五輪代表の野中生萌(みほう・XFLAG)が2位。昨年女王の伊藤ふたば(TEAM au)は3位で2年連続3度目の優勝はならず、悔しそうに大会を振り返った。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 伊藤は全体2位で準決勝を突破。決勝の第1課題は1トライ目で完登する「一撃」を決めた。しかし、第2課題は完登できず。壁を見上げながら「あーっ!」と雄叫びを上げた。第3、4課題も完登できず3位。「決勝の内容は反省点ばかり。純粋に悔しいなという思いです」。叫んだ理由について「できない時でも普段は応援で力が入るけど、観客がいなくて気合を入れないといけないと思って自分でやりました」と明かした。

 親交の深い野口啓代(あきよ・TEAM au)は7位で準決勝敗退。伊藤にとって東京五輪で引退を公言している野口とボルダリングJCで戦うのは、今年が最後だった。準決勝後に駆け寄って涙目でハグ。野口は「ふたばちゃんが泣きそうになって嬉しい」と語っていたが、伊藤は決勝で戦えず「あきよちゃんがいないのは寂しいと思ったし、私が決勝に残り始めた時から絶対にいる存在だったので変な感じ」と違和感を吐露。「でも、内容が悪かったのは自分のせいです」と語った。

 国際連盟と日本協会による東京五輪出場基準の解釈を巡る問題では、昨年12月にスポーツ仲裁裁判所(CAS)が出した裁定で代表選手が決定。伊藤は落選した。東京五輪の複合ではリード、ボルダリング、スピードの3種目で行われるが、2024年パリ五輪の複合はスピードを除く2種目で実施となる。「2種目になったので、その分フォーカスして練習できる。(優勝した森がこの日)唯一の全完登。パリでもライバルになる」と切磋琢磨していく。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集