[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中谷正義の記事一覧

  • 国内ボクシングで珍事 リングアナが痛恨の言い間違え、KO勝ち吉野修一郎は“神対応”

    2022.11.01

    ボクシングのWBOアジアパシフィック(AP)ライト級(61.2キロ以下)タイトルマッチ12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、3度目の防衛戦となった王者・吉野修一郎(三迫)が同級4位・中谷正義(帝拳)に6回1分14秒でKO勝ちした。勝利後のリングインタビューでは珍事も。リングアナを務めた木村拓也アナウンサーの言い間違いに、吉野は笑顔を見せ、気にしていない素振りを見せていた。

  • 吉野修一郎、中谷正義に6回KO勝ち! ライト級の日本人頂上決戦、悲願の世界挑戦へ前進

    2022.11.01

    ボクシングのWBOアジアパシフィック(AP)ライト級(61.2キロ以下)タイトルマッチ12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、3度目の防衛戦となった王者・吉野修一郎(三迫)が同級4位・中谷正義(帝拳)に6回1分14秒でKO勝ちした。ライト級の日本人頂上決戦となった好カードを制し、悲願の世界挑戦へ一歩前進した。これで戦績は31歳の吉野が16勝(12KO)、33歳の中谷が20勝(14KO)3敗となった。

  • ロマチェンコと戦ったボクサー中谷正義 「日本で最高の選手」と激突する11.1へ闘志

    2022.09.14

    ボクシングの帝拳プロモーションは14日、11月1日にさいたまスーパーアリーナでライトフライ級のダブル世界戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行うと発表した。アンダーカードでは、東洋太平洋&WBOアジアパシフィック(AP)ライト級王者・吉野修一郎(三迫)と同級4位の中谷正義(帝拳)が対戦。2人は都内の会見に出席し、闘志を燃やした。戦績は30歳の吉野が15勝(11KO)、33歳の中谷が20勝(14KO)2敗。

  • ロマチェンコ「リマッチを願う」 中谷正義にTKO完勝、4団体王者ロペスとの再戦熱望

    2021.06.27

    ボクシングWBO世界ライト級5位の中谷正義(帝拳)が26日(日本時間27日)、米ネバダ州ラスベガスで行われたノンタイトル12回戦で元3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と対戦。9回TKO負けを喫し、番狂わせとはならなかった。中谷の戦績は19勝(13KO)2敗、ロマチェンコは15勝(11KO)2敗。

  • 中谷正義を撃破 ロマチェンコの技巧に井上尚弥も反応「世界最高峰のテクニックは凄い…」

    2021.06.27

    ボクシングWBO世界ライト級5位の中谷正義(帝拳)が26日(日本時間27日)、米ネバダ州ラスベガスで行われたノンタイトル12回戦で元3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と対戦。9回TKO負けを喫し、番狂わせとはならなかった。中谷の戦績は19勝(13KO)2敗、ロマチェンコは15勝(11KO)2敗。

  • 中谷正義、元3団体王者ロマチェンコに9回TKO負け ビッグネーム相手の大番狂わせならず

    2021.06.27

    ボクシングWBO世界ライト級5位の中谷正義(帝拳)が26日(日本時間27日)、米ネバダ州ラスベガスで行われたノンタイトル12回戦で元3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と対戦。9回TKO負けを喫し、番狂わせとはならなかった。中谷の戦績は19勝(13KO)2敗、ロマチェンコは15勝(11KO)2敗。

  • 中谷正義よ、しゃがんでくれ ロマチェンコとの12cm差フェイスオフに反響「ロマ面白い」

    2021.06.25

    ボクシングのWBO世界ライト級5位の中谷正義(帝拳)は、26日(日本時間27日)に米ラスベガスで元3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と対戦する。24日(同25日)は現地で公式記者会見が行われ、フェイスオフでは約19秒間向かい合った。身長差歴然の様子を、米興行大手・トップランク社が公開。海外ファンからは「こういうの大好き」「ロマ面白い」などと反響が寄せられている。

  • 井上尚弥―ダスマリナス、中谷正義―ロマチェンコが正式決定 6月19、26日と2週連続開催

    2021.05.06

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が、6月19日(日本時間20日)に米ラスベガスでIBF同級1位のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)と防衛戦を行うと、米興行大手・トップランク社が正式発表した。また、WBO世界ライト級5位の中谷正義(帝拳)が、6月26日(同27日)に元3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と対戦することも発表された。

  • 中谷正義の大逆転劇、TR社が「年間最高試合」候補選出 米興奮「この中谷はヤバい」

    2021.01.02

    ボクシングのWBO世界ライト級14位の中谷正義(帝拳)は、先月12日(日本時間13日)に行われたWBOインターコンチネンタル同級王座決定戦で同級12位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に9回1分45秒KO勝ちを収めた。2度のダウンを奪われながらも大逆転する一戦が、米興行大手「トップランク」が年間最高試合5選に選出。実際の映像を公式ツイッターに投稿すると、再び米ファンに興奮が広がっている。

  • 中谷正義、大逆転KOがBWAA「年間最高試合」候補に 昨年の井上尚弥に続く栄誉なるか

    2020.12.30

    ボクシングのWBO世界ライト級14位の中谷正義(帝拳)は、12日(日本時間13日)に行われたWBOインターコンチネンタル同級王座決定戦で同級12位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に9回1分45秒KO勝ちを収めた。2度のダウンを奪われながらも大逆転。この一戦が、全米ボクシング記者協会(BWAA)が選出する2020年の「年間最高試合部門」の候補にノミネートされたようだ。米専門誌「ザ・リング」が報じている。

  • 中谷正義に大逆転KO負け 2度ダウン奪取のベルデホが敗因語る「終盤のスタミナ切れた」

    2020.12.22

    ボクシングのWBO世界ライト級14位の中谷正義(帝拳)は、12日(日本時間13日)に行われたWBOインターコンチネンタル同級王座決定戦で同級12位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に9回1分45秒KO勝ちを収めた。2度のダウンを奪われながらも大逆転。1年5か月ぶりの復帰戦を飾ったが、敗れたベルデホは「ナカタニは予想外のパンチを繰り出してきた」などと語っているようだ。米メディアが報じている。

  • 中谷正義、2度ダウンからの大逆転KOを内山高志が絶賛「衝撃」「独特の強さ証明された」

    2020.12.16

    ボクシングのWBO世界ライト級14位の中谷正義(帝拳)は、12日(日本時間13日)に行われたWBOインターコンチネンタル同級王座決定戦で同級12位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に9回1分45秒KO勝ちを収めた。2度のダウンを奪われながらも大逆転。1年5か月ぶりの復帰戦を飾った中谷に、元WBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志氏も「衝撃だったわ」「独特の強さを持ってる」などと絶賛している。

  • 中谷正義、2度ダウンからの“大逆転まとめ動画”に米興奮「タフなジャパニーズだ」

    2020.12.14

    ボクシングのWBOインターコンチネンタル・ライト級王座決定戦が12日(日本時間13日)、米ラスベガスで行われ、WBO世界同級14位の中谷正義(帝拳)が同級12位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に9回1分45秒KO勝ち。2度のダウンを奪われながら、最後は強烈な右ストレートで大逆転を演じ、1年5か月ぶりの復帰戦を飾った。試合を主催したトップランク社は一連の“大逆転まとめ動画”を公開。米ファンは「俺はナカタニの大ファンになった」「タフなジャパニーズだ」と興奮している。

  • 中谷正義、大逆転KOに権威ある米リング誌も称賛「ロペス戦の再戦チャンスを手にした」

    2020.12.14

    ボクシングのWBOインターコンチネンタル・ライト級王座決定戦が12日(日本時間13日)、米ラスベガスで行われ、WBO世界同級14位の中谷正義(帝拳)が同級12位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に9回1分45秒KO勝ち。2度のダウンを奪われながら、最後は強烈な右ストレートで大逆転を演じ、1年5か月ぶりの復帰戦を飾った。試合を主催したトップランク社は決着シーンで動画付きで速報。また、権威ある米専門誌「ザ・リング」も記事を掲載し、試合を伝えている。

  • 不屈の中谷正義、大逆転KOの決定的瞬間に本場米ファンも興奮「あり得ない試合だ!」

    2020.12.13

    ボクシングのWBOインターコンチネンタル・ライト級王座決定戦が12日(日本時間13日)、米ラスベガスで行われ、WBO世界同級14位の中谷正義(帝拳)が同級12位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に9回1分45秒KO勝ち。2度のダウンを奪われながら、最後は強烈な右ストレートで大逆転を演じ、1年5か月ぶりの復帰戦を飾った。試合を主催したトップランク社が動画付きで決着を速報すると、米ファンからも興奮の声が上がっている。

  • 中谷正義、聖地ベガスで9回大逆転KO トップランク社「凶暴フィニッシュで完全復活」

    2020.12.13

    ボクシングのWBOインターコンチネンタル・ライト級王座決定戦が12日(日本時間13日)、米ラスベガスで行われ、WBO世界同級14位の中谷正義(帝拳)が同級12位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に9回1分45秒KO勝ち。2度のダウンを奪われながら、最後は強烈な右ストレートで大逆転を演じ、1年5か月ぶりの復帰戦を飾った。試合を主催したトップランク社も「凶暴なフィニッシュで完全復活」と動画付きで速報している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集