[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本躍進を裏付け 田村が得点王独走、松島&福岡はトライ王射程…1次L各部門成績

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、横浜国際総合競技場でのA組最終戦で日本がスコットランドに28-21で勝利し、史上初の8強入り。4連勝で首位通過を決めた。これで全組が1次リーグを終え、準々決勝8か国が決定。個人成績では、日本勢の躍進が見られた。

松島は大会トップタイの5トライをマークしている【写真:AP】
松島は大会トップタイの5トライをマークしている【写真:AP】

松島がトライ数トップタイ、福岡は3位、田村は得点ランク首位独走

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、横浜国際総合競技場でのA組最終戦で日本がスコットランドに28-21で勝利し、史上初の8強入り。4連勝で首位通過を決めた。これで全組が1次リーグを終え、準々決勝8か国が決定。個人成績では、日本勢の躍進が見られた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 トライ数では、初戦のロシア戦でハットトリックを松島幸太朗が5回。ウェールズのジョシュ・アダムズと並んでトップタイとなっており、スコットランド戦で3試合連続トライを決めた福岡堅樹、アルゼンチンのフリアン・モントジャが4回で3位につけている。

 得点ランクでは、田村優が2位のフェリペ・ベルチェシ(ウルグアイ)に18点差をつける48得点で独走。前回大会で五郎丸歩が打ち立てた日本選手のW杯通算最多58得点の更新も見えてきた。田村はペナルティゴール10回もトップ、コンバージョンゴール9回はエルトン・ヤンチース(南アフリカ)の14回、リッチー・モウンガ(ニュージーランド)の10回に次ぐ3番手だ。

 タックル数はサモアFLのTJ・イオアネが67回でトップ。日本のピーター・ラブスカフニが56回で2位と献身的に体を張り、堀江翔太も54回で5位としている。イオアネはイエローカード2枚もトップ。ラブスカフニは松島、姫野和樹、ラファエレ・ティモシーの日本勢とともに出場時間320分で、4試合全てフル出場した18人に名を連ねた。

 相手にほとんど触られずにディフェンスラインを突破する「クリーンブレイク」では、ウェールズのアダムズの13回に次いで、松島が11回で2位となった。チーム別ではニュージーランドが71回で、2位で63回の南アフリカと差がついている。

 チーム成績を見ると、得点数は南アフリカが185得点、ニュージーランドが157得点、オーストラリアが136得点。日本は115得点の8位で、決勝トーナメント進出国では7番手だ。8強で最も少ないのは12位だったフランスの79得点だった。日本に敗れたスコットランドは119得点で7位だったが、決勝トーナメント進出を逃した。

 総タックル数では、上からウルグアイが664回、米国が597回、日本が585回。イエローカード数は、サモアが最多6枚、オーストラリア、ロシア、フィジーが3枚だった。

 史上初の8強入りを決めた日本。各部門でこれまでの大会以上に上位に入り、躍進ぶりがうかがえる結果となっている。陣の最前線に頼れる背番号1が君臨する。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集