[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ミス続出で辛勝のフランス 大苦戦の理由は日本特有の…「慣れていないのは事実」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、福岡・東平尾公園博多の森球技場で「死の組」と言われるC組の世界ランク7位・フランスと同13位・米国が激突し、5トライを奪ったフランスが33-9で2連勝を飾った。最後は地力を見せ、ボーナスポイントも獲得したが、後半26分までは12-9と大苦戦。意外な理由は日本特有の気候にあった。

試合後には米国に花道を作ったフランス【写真:荒川祐史】
試合後には米国に花道を作ったフランス【写真:荒川祐史】

圧倒的に有利と目されながら、後半26分までは大接戦

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、福岡・東平尾公園博多の森球技場で「死の組」と言われるC組の世界ランク7位・フランスと同13位・米国が激突し、5トライを奪ったフランスが33-9で2連勝を飾った。最後は地力を見せ、ボーナスポイントも獲得したが、後半26分までは12-9と大苦戦。意外な理由は日本特有の気候にあった。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 過去準優勝3度の“レ・ブルー”。一度も8強入りしたことのない米国に対し、戦前は圧倒的に有利と見られていたが、試合に入るとミスを連発。前半を12-6で折り返し、後半24分にはこの日3つめのPGを決められ、12-9と3点差に迫られた。

 後半26分以降に3つのトライを重ねて、スコアだけを見れば快勝だったが、内容的には大苦戦だった。

 試合後、ジャック・ブリュネル・ヘッドコーチは「勝てて満足しています。(勝ち点は)5点になりました」とほっとした表情を見せつつも、「ただ難しかったのは、非常に湿度が高かったこと。ウォーミングアップから感じた」と素直にこぼした。

 この日の福岡市の湿度は試合開始の段階で78%。気温も27度と高く、さらに直前には一瞬だが、激しく雨も降った。台風の直撃こそ免れたが、日本の気候特有の蒸し暑さがフランスにとっては大きな誤算だったようだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集