[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タクシー運転手も「W杯みたい」と驚いた 続くラグビー熱、稲垣啓太が抱いた「感謝」

ラグビートップリーグ(TL)第5節は埼玉・熊谷ラグビー場で2試合が行われ、第1試合のキヤノン―ホンダ戦に2万138人、第2試合のパナソニック―東芝戦に2万2705人、延べ4万2843人が殺到し、地元のタクシー運転手も「W杯みたいだ」「こんなの初めて」と驚きの事態に。W杯以降、リーグの3分の1を消化しても継続するラグビー熱に対し、パナソニックPR稲垣啓太も感謝した。

満員となったパナソニック―東芝戦【写真:宮内宏哉】
満員となったパナソニック―東芝戦【写真:宮内宏哉】

開幕から1か月経ったTL…熊谷に延べ4万2843人が殺到、変わらぬ「熱」

 ラグビートップリーグ(TL)第5節は15日、埼玉・熊谷ラグビー場で2試合が行われ、第1試合のキヤノン―ホンダ戦に2万138人、第2試合のパナソニック―東芝戦に2万2705人、延べ4万2843人が殺到し、地元のタクシー運転手も「W杯みたいだ」「こんなの初めて」と驚きの事態に。W杯以降、リーグの3分の1を消化しても継続するラグビー熱に対し、パナソニックPR稲垣啓太も感謝した。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 W杯を思い起こさせるような熱気に熊谷が沸いた。この日、午前11時30分開始の第1試合の2時間前ですでに最寄りの熊谷駅はバスに長蛇の列。一時は45分待ちの案内が表示され、タクシー乗り場にも人が溢れた。会場に続く道は、およそ4キロの距離を歩く人が歩道に多く、道路も大渋滞。ホンダの選手は当初の予定より15分遅れる事態となった。

 第1試合に合わせ、会場まで乗客を運んだあるタクシー運転手は「今日は多いね。(スタジアムの)手前で降りてあげる。十何年運転手やってこんなの初めて」と驚き。また、別の運転手も「どうなってるの、これは? 道も人であふれていて。W杯みたいだね」と目を丸くし、熊谷駅―会場の間を往復する事態となっていた。

 客席も時間を追うごとに人が増し、空席はほぼなくなった。バックススタンドでは立ち見で観戦する人もちらほら。W杯の熱気を受け、同じ熊谷でTL開幕戦となった1月12日のパナソニック―クボタ戦も観衆は1万7722人。この日は2試合開催という条件も後押ししたが、リーグ開幕から1か月、全日程を3分の1を消化してもなお、変わらないラグビー熱を実証する形となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集