[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳ガルシア、“80秒TKO”呼んだ左は「完璧」と自賛 次戦相手はリナレスが有力か

ボクシングのトッププロスペクト(若手有望株)、ライアン・ガルシア(米国)がわずか80秒で衝撃の失神KO勝ちを収めた。14日(日本時間15日)に、WBCライト級シルバータイトルマッチで、フランシスコ・フォンセカ(ニカラグア)に1回TKO勝ち。戦慄を走らせた左フックを、ガルシア自身は「完璧」と自賛。さらに次戦の候補には同日、4回KO勝ちを収めた元3階級王者ホルヘ・リナレス(帝拳)が浮上していることも明らかになった。米メディアが伝えている。

ライアン・ガルシア【写真:Getty Images】
ライアン・ガルシア【写真:Getty Images】

左フックは「完璧」と自賛…米メディア「フォンセカに対しただ無慈悲だった」

 ボクシングのトッププロスペクト(若手有望株)、ライアン・ガルシア(米国)がわずか80秒で衝撃の失神KO勝ちを収めた。14日(日本時間15日)に、WBCライト級シルバータイトルマッチで、フランシスコ・フォンセカ(ニカラグア)に1回TKO勝ち。戦慄を走らせた左フックを、ガルシア自身は「完璧」と自賛。さらに次戦の候補には同日、4回KO勝ちを収めた元3階級王者ホルヘ・リナレス(帝拳)が浮上していることも明らかになった。米メディアが伝えている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 超新星が鮮やかに、豪快に決めた。1回、開始1分過ぎだ。ガードを高く構えるガルシアに対して、フォンセカがワンツーを繰り出した、その瞬間だ。2発目の右を出そうとするフォンセカに対して、ガルシアが内側に入るようにして左のフックをクリーンヒットさせた。

 見事なカウンターをもろに被弾し崩れ落ちるフォンセカ。大の字にキャンバスに転がると失神。レフェリーはすぐに試合を止めた。わずか80秒での衝撃TKO。フォンセカも世界挑戦経験のある強敵だが、ガルシアの強さばかりが際立った。

 米スポーツ専門メディア「スポルティングニュース」では「ライアン・ガルシア、フランシスコ・フォンセカを見事な1ラウンドKOで叩きのめす」と見出しを打って試合をレポートしている。

 あまりに見事なカウンターKOに「ライアン・ガルシアはバレンタインデーの日、フランシスコ・フォンセカに対しただただ無慈悲だった」と表現。さらに「ノックアウトの一撃を見舞うのに要した時間は、たった80秒。20戦無敗・17KOの実績を誇るガルシアはその一撃を“完璧な左フック”と言ってのけた」と続けている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集