[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本代表が大会6位の高評価 英紙のW杯16強格付け、アジアで唯一上回られた国は?

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)で16強進出した日本代表を英紙「デイリー・メール」が高評価した。同紙は決勝トーナメントに進出した16か国を独自に格付け。日本はブラジル、オランダら8強進出国を上回り、6番目の「B+」となった。

サッカー日本代表【写真:ロイター】
サッカー日本代表【写真:ロイター】

英紙「デイリー・メール」が16強進出チームを独自格付け

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)で16強進出した日本代表を英紙「デイリー・メール」が高評価した。同紙は決勝トーナメントに進出した16か国を独自に格付け。日本はブラジル、オランダら8強進出国を上回り、6番目の「B+」となった。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

「決勝トーナメント進出16か国のW杯レポートカード」などと見出しを打って記事を掲載した同紙は、16か国を「A+」から「D」まで全9段階で格付け。決勝トーナメント1回戦でクロアチアに敗れ、8強進出を逃したものの、日本は全体6位にあたる「B+」の高評価を得た。

 記事では「W杯抽選会で日本がスペインとドイツと同組に入った時、前途は有望ではなかった」「信じられないことに、日本はドイツとスペインを破ってグループを首位通過した」と欧州の強豪2か国に勝利し、“死のグループ”と言われたE組を1位突破した衝撃を伝えた。しかし、先制したクロアチア戦では、追いつかれるとPK戦の末に敗北。このように指摘した。

「グループリーグでの素晴らしいプレーにもかかわらず、敗退の日本には『もしも』の感覚が付きまとうだろう。(前回大会の)ベスト16で2点リードからベルギーに敗れ、彼らは今回も次のステップまで非常に近かった」

 2大会連続で8強にあと一歩及ばなかった日本。「近年では、彼らのほとんどが欧州でプレーしており、より多くの経験を得ている」と着実に実力をつけていることに言及。「日本は技術に優れたチームを作り上げており、主要大会で勝ち上がるには、あとは運次第だ」と結んでいた。

 同紙は、36年ぶりに優勝したアルゼンチンと、アフリカ勢初の4強入りを果たしたモロッコを「A+」と評価。ベスト16敗退国の中では「A」のオーストラリアが最高評価だった。最低の「D」評価だったのは、優勝候補筆頭と目されながら8強で散ったブラジルだった。

 以下、「デイリー・メール」のベスト16進出チーム独自格付け一覧。カッコ内は大会成績。

・A+
アルゼンチン(優勝)、モロッコ(4位)

・A
フランス(準優勝)、クロアチア(3位)、オーストラリア(16強)

・B+
日本(16強)

・B
オランダ(8強)

・B-
アメリカ(16強)、韓国(16強)

・C+
イングランド(8強)、セネガル(16強)

・C
ポルトガル(8強)、ポーランド(16強)

・C-
スペイン(16強)、スイス(16強)

・D
ブラジル(8強)

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集