[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本のサッカーは美しいと言えないが…」 敗退ドイツ番組が「王者」と評した効率性

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)はグループリーグ(GL)全試合が終了。E組で日本はドイツ、スペインの強豪2チームを下し、見事首位で決勝トーナメント進出を果たした。初戦で日本に敗れたドイツは2大会連続のGL敗退。同国の公共放送「ARD」の番組では、冷静に日本を分析。「ドイツよりドイツらしい」と、効率的に勝利したことを称えている。

スペインを下した日本の選手たち【写真:ロイター】
スペインを下した日本の選手たち【写真:ロイター】

カタールW杯、日本はドイツを下し決勝Tへ

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)はグループリーグ(GL)全試合が終了。E組で日本はドイツ、スペインの強豪2チームを下し、見事首位で決勝トーナメント進出を果たした。初戦で日本に敗れたドイツは2大会連続のGL敗退。同国の公共放送「ARD」の番組では、冷静に日本を分析。「ドイツよりドイツらしい」と、効率的に勝利したことを称えている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 初戦で日本に1-2で逆転負けしたドイツ。この負けが響き、前回大会に続いてGL突破を果たせなかった。ドイツ公共放送「ARD」のスポーツ番組「シュポルトシャウ」は「ドイツよりもドイツらしい―日本がドイツ代表を映し出す」との見出しで記事を掲載。「効果的、大胆、結果を出す:日本がドイツ人の美徳とともにグループ首位を勝ち取り、ベスト16に進出した」と、本来ドイツが見せるべきだった姿を日本が見せたとしている。

 記事では、日本のスペイン戦のピッチにドイツでプレーする選手が7人も立ったことを紹介。「日本の主将でリーグ最下位のシャルケでプレーするマヤ・ヨシダは(スペインに勝ってベスト16は)『驚いていますか?』と問われると、『僕にとっては驚きではない』と答えたが、その通りだろう」としている。

 日本の戦いぶりについて同メディアは「数字に目を向ければ、ドイツが出来なかったことを日本はやってのけている。“サムライ・ブルー”のサッカーは決して美しいとは言えないが、効率という点においてはすでにW杯チャンピオンだ」と効率的に勝利を収めていることに注目した。

 事実、日本はドイツ戦の前半では支配率25%に留まり、シュート本数はドイツ13本に対して1本しか打てなかったにもかかわらず、後半で巻き返して勝利した。更にスペイン戦では試合を通じて18%しかボールを支配できなかったことも指摘し「とりわけドイツ代表の本当の姿を映し出した」とした。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集