[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本VAR弾、FIFAが決定的証拠を出したのに論争止まず「明らかに出てる」「入ってる」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は1日(日本時間2日)、E組の日本がスペインに2-1で逆転勝ちし、決勝トーナメント(T)進出を決めた。1-1の後半6分に田中碧が2点目を入れた場面ついて、直前にゴールラインを越えていたのではないかと海外で論争に発展。2日(同3日)にFIFA公式が動画付きで「ボールは完全には外に出ていなかった」と見解を示したが、海外ファンからは「ディベートは終わり」「明らかに出てる」と賛否が出た。

後半6分に田中碧が決勝ゴール【写真:ロイター】
後半6分に田中碧が決勝ゴール【写真:ロイター】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は1日(日本時間2日)、E組の日本がスペインに2-1で逆転勝ちし、決勝トーナメント(T)進出を決めた。1-1の後半6分に田中碧が2点目を入れた場面ついて、直前にゴールラインを越えていたのではないかと海外で論争に発展。2日(同3日)にFIFA公式が動画付きで「ボールは完全には外に出ていなかった」と見解を示したが、海外ファンからは「ディベートは終わり」「明らかに出てる」と賛否が出た。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 後半6分、右サイドから堂安律のクロスがファーに流れ、三笘薫がライン際から折り返し。最後は田中が押し込んだ。三笘の折り返しがゴールラインを割っていたかどうかVAR判定に。接地面がラインを越えていても、ボール自体が空間上のラインにかかっていればインプレーとなるためゴールに認定された。

 決勝T進出を左右しただけに世界中のメディアやファンが大論争。FIFA公式ツイッターは問題シーンのスロー映像付きで「ビデオマッチオフィシャルは、ボールがまだ部分的にライン上にあるかどうか確認するためにゴールラインカメラを使用した」と説明した。さらに返信欄では、角度によって見え方が変わる検証動画を添付。「他のカメラは誤解を生む画像を提供してしまうかもしれないが、使用できる証拠では、ボールは完全には外に出ていなかった」とした。

 決定的証拠の公式発表により、論争に終止符が打たれた。コメント欄の海外ファンは「いい仕事だ、FIFA」「ああ、明らかに入っている」「ディベートは終わりだ」「OK、これは明らかな証拠だ」と納得。しかし、中には「説明にこれだけ時間がかかるなんて、なんか臭うな」「明らかに出ている」「この映像を出すまでに約20時間も必要だったなんて。VAR問題における透明性の欠如がVARシステムを崩壊させるぞ」と未だに疑う声を上げる人もいた。

 日本は5日(日本時間6日)に決勝T1回戦でクロアチアと対戦する。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集