[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前田大然、幻のドイツ戦先制ゴールに海外記者も反応「グレートなカウンターだった」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、グループリーグで日本―ドイツ戦が行われた。格上のドイツに対し、日本は前半にFW前田大然が抜け出してシュート。ゴールネットを揺らすもオフサイドとなり、先制点とはならなかった。海外記者もこの攻撃に注目。「グレートなカウンターだった」などと反応した。

ドイツ戦、オフサイドとなり頭を抱える前田大然【写真:ロイター】
ドイツ戦、オフサイドとなり頭を抱える前田大然【写真:ロイター】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、グループリーグで日本―ドイツ戦が行われた。格上のドイツに対し、日本は前半にFW前田大然が抜け出してシュート。ゴールネットを揺らすもオフサイドとなり、先制点とはならなかった。海外記者もこの攻撃に注目。「グレートなカウンターだった」などと反応した。

【特集】3種目で日本記録保持 女子中長距離のエースが「挑戦」を続ける理由 / 陸上・田中希実選手インタビュー(GROWINGへ)

 喜びは一瞬で消えた。前半8分、ボールを奪った日本は素早く攻撃に転じる。右サイドの伊東がペナルティエリア内に蹴り込むと、走りこんだ前田が左足でシュート。ドイツの世界的GKノイアーの壁を破り、先制ゴール……かと思われたが、オフサイド判定だった。前田は両手で顔を覆い、無念の表情を浮かべた。

 強豪ドイツを一瞬慌てさせたシーン。ツイッター上の海外記者も反応した。米スポーツ専門局「NBCスポーツ」のジョープリンス・ライト記者は「マエダは人生で最も冷静だったはずだが、明らかにオフサイドだった。全く(オフサイドと)思っていなかったようだ」と状況を伝えた。

 マンチェスターユナイテッドの専門メディア「マン・ユナイテッド・ニュース」などに寄稿するキャシー・エバンズ記者は「ギュンドアンがボールを奪われ、日本代表によるグレートなカウンターだった。しかしオフサイド。ドイツは簡単に追いつかれた。日本代表の見事なプレー」と日本の攻撃を称えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集