[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、ペ・ソンウとの優勝かけたプレーオフ突入 涙した“復活V”でも争った相手

女子ゴルフの国内ツアー「樋口久子・三菱電機レディス」最終ラウンド(R)が31日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。首位で出た渋野日向子(サントリー)とペ・ソンウ(韓国)が、通算9アンダーで並んでプレーオフに突入した。

渋野日向子(左)とペ・ソンウ【写真:Getty Images】
渋野日向子(左)とペ・ソンウ【写真:Getty Images】

「樋口久子・三菱電機レディス」最終R

 女子ゴルフの国内ツアー「樋口久子・三菱電機レディス」最終ラウンド(R)が31日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。首位で出た渋野日向子(サントリー)とペ・ソンウ(韓国)が、通算9アンダーで並んでプレーオフに突入した。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 試合は渋野とソンウのマッチレースになった。渋野は1、2番で連続バーディーを奪って抜け出すも、4、5番で連続ボギー。7番パー4でソンウが初めてバーディーを奪い、1歩リードした。8番パー3で渋野が5メートルのバーディーパットを決めて再び首位タイとするも、9番パー5ではソンウがバーディー。渋野は前半を2位で折り返した。

 後半、渋野は15番パー3で痛恨のボギー。2打差をつけられたが、それでも16番パー5ではバーディーを奪取。見事なバウンスバックを見せるなど粘った。対してソンウは、17番パー4で第2打をピン手前1.5メートルにつけ、大きなバーディーを奪取。この時点で2打差とした。

 しかし最終18番パー5で渋野が2オンに成功。ピン右7メートルにつけたイーグルパットは決まらずも、バーディーとした。一方、ソンウは3オン3パットでボギー。激戦の結末は、プレーオフへと持ち越された。

 渋野は3週前のスタンレーレディスで1年11か月ぶりに優勝。この時もペ・ソンウらと優勝を争い、最後はプレーオフを制して涙した。ソンウは19年のワールド・サロンパス・カップでも、最終Rで同じ首位スタートとしながら1打差で惜敗。前日の第2R終了後には「渋野選手が2回優勝したので、1回くらい私に譲ってくれても」と冗談交じりに話していたが、この日はともに笑顔でラウンド。互いにバーディーパットを入れると「ナイス」、外すと「惜しい」と声を掛けるなど、激しくも真摯に18ホールを回り続けた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集