[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

涙のV渋野日向子「嘘じゃないかと…」 スランプの苦悩吐露「19年を超えるのは…」

女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われ、2打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの復活優勝を遂げた。6バーディー、2ボギーの68で回り、通算10アンダーで並んだ明秀学園日立高3年の佐藤心結(みゆ)、木村彩子(富山常備薬グループ)、ペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフ(PO)で粘り勝ち。海外メジャー1勝を除き、国内ツアー通算5勝目となった。

約1年11か月ぶりの復活優勝を遂げた渋野日向子【写真:Getty Images】
約1年11か月ぶりの復活優勝を遂げた渋野日向子【写真:Getty Images】

スタンレーレディス

 女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われ、2打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの復活優勝を遂げた。6バーディー、2ボギーの68で回り、通算10アンダーで並んだ明秀学園日立高3年の佐藤心結(みゆ)、木村彩子(富山常備薬グループ)、ペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフ(PO)で粘り勝ち。海外メジャー1勝を除き、国内ツアー通算5勝目となった。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 苦しんできた渋野がついに栄冠を掴みとった。前半は1つしか伸ばせなかったが、後半5バーディー。2つボギーをたたいたものの、最終18番で1つ伸ばし、POに持ち込んだ。PO1ホール目ではベタピンのバーディー。木村は脱落し、残り3人で2ホール目に突入した。渋野は土壇場でバーディー。他2人はバーディーを奪えず、優勝が決まった渋野は両手で顔を覆いながら涙した。

 優勝インタビューでは「久しぶりのプレーオフはすごく緊張しました。正直、2019年の自分を超えることは難しいと思いながら試合をしていました。でも、ここ最近の自分なら超えられると感じていました」とコメント。「でも、『もうすぐ、勝ちたい』という欲を抑えて、1打1打に向き合っていました」と振り返り、こう続けた。

「前半は首位に2打差でしたが、安全にやっていました。後半はチャンスがあると思っていましたが、10番でボギーを打って気合を入れました。パー5の3打目はスイング改造してから、ずっと練習してきたウェッジの距離が残って、あれだけバーディーが取れてうれしかったです。

 ここ最近は上位で争っていましたが、勝てると思っていなかったので、(優勝が決まった瞬間は)嘘なんじゃないかと思って涙が出ました。完全復活と思いたいですが、今後も自分自身にプレッシャーかけすぎず、来週から切り替えて頑張りたいです」

 渋野が大旋風を巻き起こしたのは2019年。同年11月の大王製紙エリエールレディス以来、686日ぶりの優勝となった。昨年は極度の不振に陥って未勝利に。同12月の全米女子オープンで優勝争いに敗れ、悔し涙を流していた。今年も日米を転戦していたが、夢に描いた東京五輪出場を逃すなどスランプ続き。それでも、やるべき課題に集中し、直近は4位、8位、5位と3試合連続トップ10で上り調子だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集