[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、圧勝した勝みなみをシブコ節で絶賛「アマの時は『やっべー人だな』と…」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン最終ラウンド(R)が4日、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われた。6位スタートの渋野日向子(サントリー)は、1バーディー、3ボギーの73とスコアを落とし、通算2アンダーの5位タイで大会を終えた。通算14アンダーで圧勝した勝みなみについては「1人、違うコースを回っていた感じ」と絶賛した。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

呼び名は「勝っちゃん」「シブコ」の間柄「黄金世代の道を切り開いた第一人者」

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン最終ラウンド(R)が4日、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われた。6位スタートの渋野日向子(サントリー)は、1バーディー、3ボギーの73とスコアを落とし、通算2アンダーの5位タイで大会を終えた。通算14アンダーで圧勝した勝みなみについては「1人、違うコースを回っていた感じ」と絶賛した。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

「勝っちゃんだけ、違うコースで回っていると思います」。渋野は独特な表現で、優勝した勝の強さを語った。勝は、同じ1998年度生まれの「黄金世代」で、アマチュアでのツアー優勝も経験している。文字通り、世代のけん引者で、渋野はリスペクトを込めて勝への思いを明かした。

「アマチュアの時に交流はなかったのですが、『やっべー人だな』と思っていました。勝ちゃんは、黄金世代の道を切り開いた第一人者。でも、今はそう感じさせないし、同じ土俵で戦っているライバルと思ったら申し訳ないけど、仲間感があります。いつかはアメリカで一緒に戦えると楽しみにしている存在です」

 勝には「シブコ」と呼ばれる渋野。今大会、勝には完敗だったが、3試合連続でトップ10入りは果たした。調子は明らかに上向きだが、「4日間通して安定したプレーができていないですし、優勝の感覚はまだつかめていないです」と話すにとどめた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集