[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花V会見で将来的な米ツアー挑戦に意欲「シブコに『待ってるよ』と言われて…」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは21日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で最終ラウンド(R)が行われた。単独首位で出た原英莉花(日本通運)が1イーグル、2バーディー、1ボギーの68で回り、通算17アンダー。一時4人が首位に並ぶ大混戦を制し、約1年ぶりのツアー通算4勝目を挙げた。会見では笑顔も涙も見せ、「向こうで戦いたいという気持ちはある」と将来的な海外ツアー挑戦に意欲も示した。

優勝を決めるパットを沈め、涙をこらえる原英莉花【写真:Getty Images】
優勝を決めるパットを沈め、涙をこらえる原英莉花【写真:Getty Images】

大王製紙エリエールレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは21日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で最終ラウンド(R)が行われた。単独首位で出た原英莉花(日本通運)が1イーグル、2バーディー、1ボギーの68で回り、通算17アンダー。一時4人が首位に並ぶ大混戦を制し、約1年ぶりのツアー通算4勝目を挙げた。会見では笑顔も涙も見せ、「向こうで戦いたいという気持ちはある」と将来的な海外ツアー挑戦に意欲も示した。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 優勝決定前から、堪えきれなかった。一時は首位に4人が並ぶ大混戦。原は17番パー5で2オンに成功すると、8メートルのパットを沈めて劇的なイーグルを奪った。最終18番、決めればパーのウイニングパット前から涙を拭っていた。1年ぶりの優勝を決めると、感極まった表情でギャラリーの祝福に応えた。

 優勝インタビューでも声を詰まらせ「もう勝てないのかなと思ったんですけど、勝ててうれしくて……ありがとうございます」と感謝を口にした原。会見には一転、笑顔で登場し「幸せです。嬉しいです」と話したが、優勝の瞬間について尋ねられると「ずっと1年間苦しくて……いろいろ思い通りになかなかゴルフを運べず、体が痛かったり、いろいろ悩んだ。やっと優勝にたどり着けたと」と再び声を震わせた。

 2位と2打差で迎えたこの日。前半はスコアを伸ばせなかったが、我慢のゴルフを続けて17番のイーグルに繋げた。パー71での通算17アンダーは、古江彩佳が昨年記録していたトーナメントレコード(15アンダー)を更新する最少ストロークだった。「(17番は)自信もってストロークできました。しっかりバーディー獲るというイメージだったが、まさかのイーグルが入ってくれてよかった」と振り返った。

 昨年は国内メジャーで2連勝も、今年はここまで優勝がなかった。今春の米女子メジャー・ANAインスピレーションの後にはぎっくり腰に悩まされた。「今も寒くなるとよくなくて、昨日今日も良くなかった。ジャンボさん(師匠の尾崎将司氏)には振り抜けと言われてテーマにやっていたが、決勝2日間はそれを守れたかわからない。体が資本だと思い知らされた」と話した。

 同じ“黄金世代”の渋野日向子は、12月の米女子ツアー予選会に参加する。原は「シブコに『待ってるよ』と言われて、『オウ』と(笑)。自分の実力と相談してですが、向こうに行くにも体制を整えないといけない。向こうで戦いたいという気持ちはある。挑戦できるように」と将来的な挑戦に意欲を見せた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集