[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウィザーズ2連敗、ホーム6連戦は黒星発進 “急造チーム”及ばず、八村は6戦連続欠場

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は28日(日本時間29日)の本拠地ニックス戦を鼠径部の打撲により6戦連続で欠場。チームは敵地の前回対戦で121-115の勝利を収めた相手に、26日(同27日)のピストンズ戦からスタメンを4人入れ替えて挑んだが、100-107で敗れた。年明けにかけて組まれているホーム6連戦は黒星発進となった。

ウィザーズが競り負けた【写真:AP】
ウィザーズが競り負けた【写真:AP】

八村は鼠径部打撲で欠場、契約3日目のウィリアムズらスタメン

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は28日(日本時間29日)の本拠地ニックス戦を鼠径部の打撲により6戦連続で欠場。チームは敵地の前回対戦で121-115の勝利を収めた相手に、26日(同27日)のピストンズ戦からスタメンを4人入れ替えて挑んだが、100-107で敗れた。年明けにかけて組まれているホーム6連戦は黒星発進となった。

【PR】高校駅伝26年ぶり男女日本一の仙台育英 “名門復活”を叶えたコンディション作り

 チームの大黒柱であるブラッドリー・ビールが、負傷により欠場したこの試合。スタメンは出場停止から復帰したアイザイア・トーマス、ゲイリー・ペイトン2世、トロイ・ブラウンJr.、ジョナサン・ウィリアムズ、イアン・マヒンミが名を連ねた。ペイトンは今季ウィザーズでプレーするのは3試合目、八村の大学時代のチームメートであるウィリアムズは、契約から3日目でキャリア初のスタメンと、まさに“急造チーム”で挑んだウィザーズ。

 第1クォーター(Q)は序盤からこの日スタメン入りしたペイトンが、ディフェンス面ではスティールやターンオーバーを誘うなどし、オフェンスでは3本すべてのフィールドゴールを沈める活躍を見せるも、ボビー・ポーティスに9得点を許すなどして10点を追いかける展開で第2Qに入る。

 第2Qでも存在感を示したのはペイントだった。このQだけで4つのスティールを記録するだけでなく、3P2本を含め前半に放った6本のフィールドゴール中5本を沈め、アイザイア・トーマスとともにチームトップタイの13得点をマーク。ウィザーズは前半終了直前に、RJ・バレットに3Pを沈められ58-59と1点のリードを許して前半を終えた。

 第3Qに入ると流れはニックスに。ウィザーズはジュリアス・ランドールをはじめとするニックスの攻撃を止められず、一時は15点差を付けられるも、何とか12点差で抑え、最終Qへ突入した。チームは最終Qに奮起した。イシュ・スミスの3Pなどで一気に逆転。試合終了目前までもつれる展開となったが、ニックスの底力に屈し、最後は競り負けた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集