[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 宇野昌磨は「奇才」、伊紙が演技の完成度を称賛「アーティスティックな成長」

宇野昌磨は「奇才」、伊紙が演技の完成度を称賛「アーティスティックな成長」

男子フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)は、ロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)はショートプログラム(SP)、フリーともにトップに立ち、自己ベストの合計319.84点で2連覇を果たした。羽生結弦に続く世界歴代2位の高得点で、2位ジェイソン・ブラウン(米国)に60点差をつける圧勝に、イタリアメディアは「夢のようなコンビネーション、アーティスティックな成長だった」と称賛している。

フリーで5本の4回転に初挑戦、そのうち3本が後半…伊紙も思わず「怪物だ」

 男子フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)は、ロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)はショートプログラム(SP)、フリーともにトップに立ち、自己ベストの合計319.84点で2連覇を果たした。羽生結弦に続く世界歴代2位の高得点で、2位ジェイソン・ブラウン(米国)に60点差をつける圧勝に、イタリアメディアは「夢のようなコンビネーション、アーティスティックな成長だった」と称賛している。

 日本が誇る19歳が今季初戦で世界に衝撃を与えた。宇野は5本の4回転に初挑戦。サルコーを主要な国際大会で初成功させるなど、圧巻の演技で2年連続で表彰台の真ん中に立った。

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は世界選手権2位の宇野を“奇才”と称し、フリー曲「トゥーランドット」に乗せて披露した演技の完成度を称えた。

「19歳の日本人、“奇才”ショウマ・ウノが、傑作品を披露した。トゥーランドットで4回転を5本、そのうちの3本が後半。怪物だ。唯一の悔いは初めの(4回転)ループだが、そんなことは重要ではない。5本の3回転、夢のようなコンビネーション、アーティスティックな成長だった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー