[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太に完敗 無言のバトラー、深夜のSNSで胸中吐露「私はこの試合で多くを学ぶ」

ボクシングのトリプル世界戦が23日、神奈川・横浜アリーナで行われ、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)に5回2分45秒TKO勝ちし、初防衛に成功した。敗れた挑戦者バトラーは試合後、精神的ショックを理由に会見に姿を見せなかったが、深夜に自身のツイッターを更新し、胸中をつづった。

スティーブン・バトラー【写真:浜田洋平】
スティーブン・バトラー【写真:浜田洋平】

会見に姿を見せなかったバトラーがツイッター更新

 ボクシングのトリプル世界戦が23日、神奈川・横浜アリーナで行われ、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)に5回2分45秒TKO勝ちし、初防衛に成功した。敗れた挑戦者バトラーは試合後、精神的ショックを理由に会見に姿を見せなかったが、深夜に自身のツイッターを更新し、胸中をつづった。

【PR】高校駅伝26年ぶり男女日本一の仙台育英 “名門復活”を叶えたコンディション作り

 バトラーは試合後、ほどなくしてツイッターを更新。「私はこの試合からたくさんのことを学ぶだろう。サポートに感謝します」と記した。敗戦直後は予定されていた会見に姿を見せず、マッチメーカーであるゴールデンボーイプロモーションズのロベルト・ディアス氏が対応。「身体的には問題がないが、精神的に負けて落ち込んでいる」などと語っていた。

 敗れこそしたが、村田相手に引くことなく、随所に持ち前の強打を見せつけたバトラー。村田も「凄いジャブが固くて右も貫いてきた。いいものを持っている。24歳で世界タイトルに挑戦して、これから伸びるようなものを持っているんだと。強い相手でした」と将来性を認めていたが、再起を期す今後のキャリアも注目だ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集