[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨V4 羽生結弦の敗戦に米メディアは驚き「ハニュウが番狂わせを許す」

フィギュアスケートの全日本選手権は22日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が184.86点、合計290.57点で逆転優勝を果たし、4連覇を飾った。SP首位だった羽生結弦(ANA)は172.05点、合計282.77点で2位となった。海外メディアは「ハニュウが番狂わせを許す」と報じている。

羽生結弦【写真:Getty images】
羽生結弦【写真:Getty images】

4連覇の宇野も評価「全体的にはかなりクリーンなジャンプ」

 フィギュアスケートの全日本選手権は22日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が184.86点、合計290.57点で逆転優勝を果たし、4連覇を飾った。SP首位だった羽生結弦(ANA)は172.05点、合計282.77点で2位となった。海外メディアは「ハニュウが番狂わせを許す」と報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 米放送局「NBCスポーツ」は「全日本選手権でショウマ・ウノによるユヅル・ハニュウの番狂わせ」と見出しで特集した。15年以来の参戦となった羽生について、3回転アクセルなど、ジャンプのミスが響いたことをレポート。「ユヅル・ハニュウは日曜、ショウマ・ウノに次ぐ銀メダルとなり、全日本選手権の過去8年間で初めて敗れた」と報じた。

 一方、4連覇を飾った宇野については「フリーで4回転ジャンプを3回着氷。ハニュウより1本少なかった。ネガディブなグレードを与えられる1本もあったが、全体的にはかなりクリーンなジャンプだった」と評価した。

「ハニュウが参戦した大会では彼にとって初優勝」とした上で「ウノは過去5年でネイサン・チェン(米国)、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、パトリック・チャン(カナダ)以外でハニュウを破った初のスケーターとなった」と伝え、宇野の戴冠に脚光を浴びせていた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集