[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、渡邊雄太と史上初日本人競演で10得点 歴史的1分9秒、マッチアップも実現

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が14日(日本時間15日)の敵地グリズリーズ戦に開幕24試合連続でスタメン出場。渡邊雄太が途中出場し、NBA史上初の日本人対決が実現した。歴史的な2人の競演時間は1分9秒。出場時間29分の八村は10得点、4リバウンドで8戦連続の2ケタ得点を記録したが、ウィザーズは111-128で今季最多の4連敗を喫した。出場時間7分の渡邊は得点なしで3リバウンドだった。

グリズリーズ戦に先発出場した八村塁【写真:AP】
グリズリーズ戦に先発出場した八村塁【写真:AP】

八村塁VS渡邊雄太、史上初の日本人競演

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が14日(日本時間15日)の敵地グリズリーズ戦に開幕24試合連続でスタメン出場。渡邊雄太が途中出場し、NBA史上初の日本人対決が実現した。歴史的な2人の競演時間は1分9秒。出場時間29分の八村は10得点、4リバウンドで8戦連続の2ケタ得点を記録したが、ウィザーズは111-128で今季最多の4連敗を喫した。出場時間7分の渡邊は得点なしで3リバウンドだった。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 試合会場となったフェデックス・フォーラムに、多くの日本人ファンが見られた試合。今夏のバスケW杯で日本代表としてプレーした2人の侍が相まみえた。試合前には談笑する姿もあった2人。八村は先発、渡邊はベンチスタートとなった。

 第1クォーター(Q)序盤にドライブからレイアップを決めた八村は、ゴンザガ大時代のチームメイト、ブランドン・クラークとのマッチアップも実現。八村は4得点を決めたところで2つのパーソナルファウルを犯し、ベンチに下がった。

 第2Q残り10分13秒にグリズリーズが渡邊をコートに送り出す。4試合ぶりの出場となった渡邊は3Pを狙うもエアボールに。第2Q残り7分42秒に八村が再びコートに立ち、ついに日本人対決が実現した。マッチアップした場面では、八村がプルアップジャンパーを試みるもリングをかすめて得点には至らなかった。渡邊が残り6分33秒でベンチへ。競演した間に2人から得点は生まれなかったが、1分9秒の歴史的な時間が生まれた。

 徐々にグリズリーズが差を広げる中、八村は今季初めて左コーナーから3Pを成功させた。さらに、強引なドライブからゴール下を攻めフリースローを獲得するなど、オフェンスで貢献。しかし、ウィザーズはこの日もディフェンスが機能しない。前半だけで69点を許し15点を追いかける展開で前半を折り返した。

 第3Q残り5分46秒にプルアップジャンパーを沈めた八村は、8戦連続の2ケタ得点。しかし、ウィザーズは追い上げを試みたが、好調のデイビズ・ベルターンズが厳しいディフェンスを受けて3Pシュートを沈められず。反対にグリズリーズにリードを広げられ、84-104の20点差で最終Qに突入した。

 最終Qは八村がベンチに下がった後に、渡邊が出場。こぼれ球に体を張って飛びつくなど奮闘した。結局、ウィザーズは追いつくことができず、史上初となった日本人の競演は渡邊のグリズリーズに軍配が上がった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集