[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥らに抜かれ3傑陥落 クロフォードがPFPに異議「オレを抜いたなんて信じない」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。米リング誌が全17階級のファイターを格付けする「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で3位に上り詰めたが、最新版で井上らに抜かれて3傑陥落となったWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)が「現時点でオレを超えたとは信じていない」と断言し、選考に異論を唱えている。米メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

テレンス・クロフォード【写真:Getty images】
テレンス・クロフォード【写真:Getty images】

リング誌の最新版PFPで2→4位に後退、選考に異論を訴え

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。米リング誌が全17階級のファイターを格付けする「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で3位に上り詰めたが、最新版で井上らに抜かれて3傑陥落となったWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)が「現時点でオレを超えたとは信じていない」と断言し、選考に異論を唱えている。米メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 リング誌のPFP最新版で1位に選出されたのはWBO世界ライトヘビー級王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)。1位だったWBA&WBO世界ライト級王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は2位に。3位には井上が入り、2位だったクロフォード(米国)は4位に後退となった。記事によると、3傑陥落に対してクロフォードは持論を説いたという。

「この男たちのうち、現時点で誰かがオレを抜いたなんてことは信じていない」

 35戦全勝でスーパーライト級時代の4団体統一王者はリング誌の選定に納得のいかない様子。特に、1位にランクされたカネロについて疑問の視線を向け、「コバレフは以前にもKOされている。コバレフに対して何か珍しいことをやったわけではない」と指摘したという。

 11月2日のセルゲイ・コバレフ(ロシア)戦で11回KO勝ちを収め、4階級制覇王者となったが、この勝利を評価していなかったというクロフォード。「なぜ、オレが他のボクサーよりもPFP1位だと考えているのか、世界に示すために最高のパフォーマンスをいつだって見せたい」と豪語したという。

 14日に米ニューヨークでWBO同級1位のエギディウス・カバラウスカス(リトアニア)との防衛戦を戦うクロフォード。ボクシング界最強に相応しい実力を見せつけるつもりだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集