[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、バトラーのKO率80%は“無視” 得意のガード確認「特に警戒するのは…」

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が12日、23日に行われる同8位スティーブン・バトラー(カナダ)との初防衛戦(横浜アリーナ)に向け、都内の所属ジムで練習を公開した。ミット打ちや2ラウンドのスパーリングを披露。軽快な動きで順調ぶりをアピールした。

スパーを披露した村田諒太【写真:浜田洋平】
スパーを披露した村田諒太【写真:浜田洋平】

「12・23」WBA8位バトラーと初防衛戦「しっかりとしたトレーニング積んでこられた」

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が12日、23日に行われる同8位スティーブン・バトラー(カナダ)との初防衛戦(横浜アリーナ)に向け、都内の所属ジムで練習を公開した。ミット打ちや2ラウンドのスパーリングを披露。軽快な動きで順調ぶりをアピールした。

【PR】川口能活のDAZN(ダゾーン)観戦術 JリーグのGKに期待する「内面の強さ」は映像でわかる

 村田は落ち着いていた。報道陣や関係者約50人が集まった会見。6度目の世界戦に向けて、いつも通りの表情で言葉を並べた。

「凄くいいトレーニングができたので、追い込むというよりも疲れを抜きながら試合まで調整したい。ここまで来て何かを大きく変えることはない。しっかりとしたトレーニングを積んでこられたということだと思う」

 報道陣に向けたスパーでは、相手のパンチに対してしっかりとブロックで防御。圧力を強め、コーナーに追い込むイメージを作った。相手のバトラーは28勝24KO1敗1分け。弾丸のように次々とパンチを繰り出すことから「Bang Bang(バンバン)」と呼ばれ、KO率は80%を誇る。村田は「序盤にいいパンチをもらわないことが大事。しっかりとプレッシャーをかけて自分の試合展開に持ち込めたら」と思い描き、さらに警戒ポイントを挙げた。

「KO率が高くていい選手。WBOでは1位でもあったので、それに見合った実力はある。ただ、KO率に関係なくミドル級の選手はみんなパンチがある。皆さんが思うほどKO率とパンチ力は比例しない。(相手の)KOパンチは長いパンチ。全てを警戒するけど、特に警戒するのは、離れた時の右」

 会見に出席した浜田剛史代表は、村田について「ある意味、落ち着きが出てきた。前回の追い詰められた状況から、今回は(精神面で)幅広くなった感じがある」と分析。バトラーについては「好戦的でこれから伸びると思われる選手。ここで叩いておかないといけない」と警戒した。

 村田は7月にロブ・ブラント(米国)との再戦を2回TKOで制し、昨年10月に失ったベルトを奪回。引退覚悟で挑んだリングで、初回から前に出る新たなスタイルでファンを沸かせた。現在は試合に向けて家族と離れたホテル暮らし。「子供の学校で風邪が流行っている。子供に会わないことが“対策”。会えないことを力に変えたい」と闘志をみなぎらせた。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集