[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大敗から原点回帰 市立船橋が宿敵撃破で3年ぶり全国「この時の為にやってきた」

新生「イチフナ」が、全国の舞台にたどり着いた。第98回全国高校サッカー選手権大会の千葉県大会は、30日に柏の葉総合競技場で決勝を行い、市立船橋が3-2で流経大柏を破り、3年ぶり22度目の全国大会出場を決めた。就任1年目の波多秀吾監督は「1点差の勝負と思っていたけど、まさか点の取り合いになるとは……。選手が、よく頑張った。これまでは、失点をするとフワフワしてしまうことが多かったけど、耐えて修正して点を取りに行けたところは、大きな成長。(インターハイの全国出場を逃すなど夏まで結果が出ず)いろいろな思いがあったと思うが、すべてを受け入れて、前向きにチャレンジしてくれた結果。感謝しています」と宿敵との死闘に打ち勝った選手を称えた。

全国大会出場を決め、喜ぶ市立船橋の選手たち【写真:平野貴也】
全国大会出場を決め、喜ぶ市立船橋の選手たち【写真:平野貴也】

流経大柏との打ち合いを3-2で制す、就任1年目の波多監督「選手がよく頑張った」

 新生「イチフナ」が、全国の舞台にたどり着いた。第98回全国高校サッカー選手権大会の千葉県大会は、30日に柏の葉総合競技場で決勝を行い、市立船橋が3-2で流経大柏を破り、3年ぶり22度目の全国大会出場を決めた。就任1年目の波多秀吾監督は「1点差の勝負と思っていたけど、まさか点の取り合いになるとは……。選手が、よく頑張った。これまでは、失点をするとフワフワしてしまうことが多かったけど、耐えて修正して点を取りに行けたところは、大きな成長。(インターハイの全国出場を逃すなど夏まで結果が出ず)いろいろな思いがあったと思うが、すべてを受け入れて、前向きにチャレンジしてくれた結果。感謝しています」と宿敵との死闘に打ち勝った選手を称えた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 前半は、1点勝負の緊迫感が漂っていたが、後半は怒とうの打ち合いとなった。序盤は、流経大柏が押し込む展開だったが、市立船橋は、前半12分にエースFW鈴木唯人(3年)のセンタリングを左MF森英希(3年)が押し込んで先制に成功。その後、2度追いつかれたが、その度にすぐさま点を取り返した。後半7分に失点すると、2分後にDF植松建斗(3年)が蹴ったFKを森が頭で合わせて2点目。後半16分に再び追いつかれたが、1分後にはエースの鈴木が一度GKに止められたボールを再度、強烈なシュートでたたき込み、決勝点を挙げた。

 終盤は、相手のパワープレーを耐え凌いでタイムアップ。主将の町田雄亮(3年)は「自分たちは『球際、攻守の切り替えの早さ、運動量』でカバーするという取り組みを波多先生の下、信じてやってきたので、相手にボールを持たれる時間が長かったけど、絶対に自分たちなら勝てるという思いがありました」と想定外の打ち合いになっても、前を向き続けて勝利にたどり着いた激闘を振り返った。

 市立船橋には、来季から清水エスパルスに加入するFW鈴木、湘南ベルマーレに加入するDF畑大雅(3年)という2人のJ内定選手がいる。ほかに、水戸ホーリーホックや栃木SCの練習に参加したDF植松もいる注目の世代だ。しかし、この2年は流経大柏の全国大会準優勝という活躍を見ているしかなかった。2得点で勝利に貢献したMF森は「2年間、選手権に行けなかったので、全国出場を決められて良かった。全員で喜びを爆発させた。このときのために、やってきた」と嬉し涙を流した。

 今季も夏のインターハイは県予選で敗れ、高円宮杯JFAU-18プレミアリーグEASTでは当初、残留争いを強いられた。しかし、9月にリーグ戦で柏レイソルU-18に1-4と大敗した試合後、長いミーティングで指揮官と選手が本音をぶつけ合った。鈴木は、そのミーティングで右MFからFWへの転向を直訴。エースストライカーとしてチームをけん引するようになり、以降、チームはリーグ、選手権予選を通じて全勝。一気に息を吹き返した。

 鈴木は「最初は攻撃の細部にばかりこだわって、勝負のためにやるべきことをやれていなかった。でも、最近は、負ける感じがしない。諦めないというより、今日も点を取られても『やれるぞ』という雰囲気があるので、やり続けられた」と勝利に向けて団結できるチームになった手応えを語った。全国最激戦区の呼び声高い千葉県予選を制し、主将の町田は「やっとスタートラインに立てた。全国でも優勝を目指して頑張る」と全国制覇を目標に掲げた。苦しみ抜いて這い上がって来た伝統校「イチフナ」が、いよいよ悲願の舞台に挑む。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集