[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「私は日本人を愛している」 日本代表名参謀が“NZ監督より日本残留”を選んだワケ

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会8強入りした日本代表はジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)と2023年までの契約延長を決めた。加えて、アタックコーチとしてチームを支えたトニー・ブラウン氏も残留。ジョセフHCの名参謀として共闘することになった。母国ニュージーランドのHC候補に挙がりながら、同氏はなぜ日本に残ると決めたのか。ニュージーランド紙「ニュージーランド・ヘラルド」で語っている。

ジェイミー・ジョセフ(左)とトニー・ブラウン【写真:Getty Images】
ジェイミー・ジョセフ(左)とトニー・ブラウン【写真:Getty Images】

NZ代表監督候補だったブラウンコーチ、日本残留を決めた理由を明かす

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会8強入りした日本代表はジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)と2023年までの契約延長を決めた。加えて、アタックコーチとしてチームを支えたトニー・ブラウン氏も残留。ジョセフHCの名参謀として共闘することになった。母国ニュージーランドのHC候補に挙がりながら、同氏はなぜ日本に残ると決めたのか。ニュージーランド紙「ニュージーランド・ヘラルド」で語っている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

「トニー・ブラウンがなぜオールブラックスではなく日本を選んだのか明かした」と特集した記事において、ブラウン氏は日本残留を決めた理由を明かしている。

「日本でコーチをやることは困難なことだが、やりがいを感じることだ」と語ったブラウン氏。「日本からのオファーは確約されていた。オールブラックスに関してはその選考プロセスは大体3か月に及ぶものを受けなくてはいけないし、確約されたものではなかった」と明かしたという。

 オールブラックスは複数の候補者が挙がり、決定までに時間を要することを懸念があった様子。それでも「ブラウンはベスト8で敗退したW杯後も日本で良い仕事を続けることを楽しみにしている」と記事が指摘した通り、日本代表をサポートする魅力が大きかったことも事実のようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集