[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木愛に最後の試練 パット不調で試行錯誤「パターのせいでも、私のせいでもない」

女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は30日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で第3日が行われ、首位と3打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は5バーディー、4ボギーの通算5アンダーで2打差の3位につけた。賞金ランクトップの鈴木愛(セールスフォース)、同2位の申ジエ(韓国)はともに17位からスタートし、鈴木は1アンダーの12位、申はイーブンパーの17位。単独2位以上になれば自力で女王戴冠となる鈴木は、降りかかった試練を乗り越えようともがいている。

鈴木愛【写真:Getty Images】
鈴木愛【写真:Getty Images】

単独2位以上なら自力賞金女王、鈴木愛は12位で最終日へ

 女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は30日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で第3日が行われ、首位と3打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は5バーディー、4ボギーの通算5アンダーで2打差の3位につけた。賞金ランクトップの鈴木愛(セールスフォース)、同2位の申ジエ(韓国)はともに17位からスタートし、鈴木は1アンダーの12位、申はイーブンパーの17位。単独2位以上になれば自力で女王戴冠となる鈴木は、降りかかった試練を乗り越えようともがいている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 この日も浮かない表情のままだった。鈴木は1番残り124ヤードの第2打を9アイアンでピンそば1メートルにつけてバーディー。最高の出だしだったが、以降はパープレーが続いた。9番でバンカーから1メートルに寄せて伸ばす。しかし、11番で70センチのパーパットを外すと、12番も1メートル半が入らず連続ボギー。13、14番で取り返したが、満足できる内容ではなかった。

「1番は流れはよくて今日はいけるぞっていう気がしたけど、やっぱりパターが入らない。バーディーパットが入らないのでなかなかスコアにならない。残念なプレーが多い。パッティングは悪くないけど、とにかく入ってくれない。いいところに打っても入らないので、それはどうしようもない。

 立ち上がりもよかったけど、11、12番がもったいなかった。それさえなければという感じです。(パットが)とにかく入ってくれなかった。グリーンが例年より重いので、いいパットをしても入ってくれないので、何かやりようがないかなと思います。ボギー、ボギーはこの展開では『ないな』と思って(13番から)吹っ切れてやれた」

 今大会はパットに苦しんでいる。国内ツアーでは珍しい高麗芝。いつもと異なる感覚にツアー屈指のパット巧者が手を焼いている。今季は故障などの影響で練習量を抑えてきたが、前日は「エースパターを引っ張り出して体で押す練習をした」と遅くまで練習グリーンで球を転がした。

「とにかくフィーリングは悪くないので、もしかしたらパターとグリーンの相性が合っていないんじゃないかと考えて、パターを変えてみたけど同じ。パターのせいでもないし、私のせいでもないので、とにかく芝の生え方がいつもより長いので、本当にちょっとしたところで切れたり、切れなかったりしている。それは自分でコントロールしようがないので難しい」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集