[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、3打差3位で2日目終了 賞金女王争いで首位猛追 ライバル鈴木愛は17位

女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は29日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で第2日が行われ、首位と3打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子は、3バーディー、1ボギーの4アンダーで3打差の3位でホールアウト。10位で出た賞金ランクトップの鈴木愛、賞金2位の申ジエは1オーバーで17位。前週に国内4勝目を挙げた渋野は賞金レースで逆転すれば、最年少賞金女王となる。

首位と3打差の3位につけた渋野日向子【写真:荒川祐史】
首位と3打差の3位につけた渋野日向子【写真:荒川祐史】

鈴木愛、申ジエ、渋野日向子の賞金女王争い

 女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は29日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で第2日が行われ、首位と3打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子は、3バーディー、1ボギーの4アンダーで3打差の3位でホールアウト。10位で出た賞金ランクトップの鈴木愛、賞金2位の申ジエは1オーバーで17位。前週に国内4勝目を挙げた渋野は賞金レースで逆転すれば、最年少賞金女王となる。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 32人が出場している今大会。4番でボギーをたたいた渋野は、6番第2打をピン手前2メートルにつけると、バーディーパットを沈めて大歓声。7番ティーグラウンドに向かう際には、拍手に包まれて“花道”となった。12番では、フックラインとなった約5メートルのバーディーパットがカップに蹴られてパー。13番パー5はフェアウェーから2オンさせると、2パットでバーディーを奪った。

 14番でも約7メートルのパットをねじ込み、連続バーディー。15番はパーオンを逃したが、好アプローチで寄せてパーセーブした。

 最終戦の賞金は優勝が3000万円、2位が1740万円。約1億5300万円を獲得している鈴木は、単独2位以上で2年ぶりの女王となる。約1510万円差で3位の渋野は、優勝して鈴木が2位タイ以下となれば逆転。単独2位でも鈴木が10位以下、申が3位以下で逆転できる。鈴木と約1500万円差の申は、優勝すれば鈴木が3位以下、2位なら鈴木が10位以下、渋野が3位以下で初の賞金女王となる。

 7アンダーのテレサ・ルーが首位をキープ。2打差2位にぺ・ソンウがつけ、渋野と並ぶ3位タイにイ・ボミが浮上した。

 渋野はホールアウト後に「本当に前半はショットに苦しんでいたけど、最終的には2アンダーで回れてよかった。(賞金女王争いは)人のことを気にするより自分のこと。改善したいのはショットですかね。ピッチングが乗っていないので、乗らないと話にならない」と振り返った。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集