[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

阿部兄妹の入れ替わった明暗 兄の示した屈辱からの這い上がり方、妹は試練を越えるか

号泣の妹・詩、3か月前に兄へ送ったエール「もう一回私を引っ張る存在になって」

 世界の頂点に立てば、研究対象となるのは宿命。追われる立場となり「凄くやりにくいさはあった」と痛感した。優勝すれば五輪内定の可能性が高かったが、初の代表選考争いに「あまり考えないようにしていた。こんなにも過酷なんだと今、感じました」と厳しさを知った。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

「自分自身怖がらずに攻めていけたらという部分があった。この負けをしっかり自分で受け止めて。まだまだレースは続くので、負けをしっかり受け止めることが、次につながると思うので、オリンピックに向けてまた練習します。自分の柔道をしっかり出すことが1番のポイント。最後はビビってしまった部分と、受け過ぎていた部分があった。自分の柔道をしたいなと」

 8月の世界選手権以降、兄妹で稽古に励むことも多かった。小さい頃から背中を見せてきた兄と、それを追いかけた妹。しかし、初めて立場が逆転する期間だった。一二三は振り返り、妹の奮起を期待した。

「妹の存在は凄く大きかったですし、凄い悔しさがあった。妹が世界選手権で2連覇した。すっごい悔しい気持ち。僕が3位で、妹が優勝っていう上に行かれた形。それに対してすっごい悔しい思いをした。妹なんですけど、凄い悔しい思いがあった。

(稽古で)一緒になって、悔しさというか、妹を見ることによって凄く悔しさが出てきたり、それが悪いことかわからないけど、それで闘争心が燃えた。絶対に妹に負けてられないという思いでやれた。本当に切磋琢磨してやれたと思う」

 男子66キロ級、女子52キロ級ともに今大会での内定者は出ず。来年2月までの主要国際大会終了時点の実績で判断されるか、4月の全日本選抜体重別選手権が最終選考会となる。ここからさらなる過酷な道が続いていく。

 世界選手権から3か月。笑顔と涙の明暗は、兄妹で入れ替わった。一二三が敗れ、詩が2連覇を達成した直後、兄に向けて話していた。「お兄ちゃんは負けてしまったけど、まだまだ意地があると思う。諦めずもっともっと強くなって、もう一回私を引っ張る存在になってほしい」。期待通りに大きく成長した兄は優勝で応え、こう語った。

「(妹に)刺激をもらってきたし、今日の決勝は残念だったけど、妹の積み上げてきたものは、凄いものだと思います。またしっかり東京五輪代表を兄妹で手にして、兄妹で金メダルを獲りたいなと思います。まだまだここからだと思う。妹はまたさらに強くなると思うので、そこは僕自身も楽しみです」

 3か月、兄は敗北からの“這い上がり方”を示した。幼い頃から追いかけた兄妹の夢。東京五輪金メダルへ、またも兄が引っ張る日々が訪れる。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集