[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョセフ氏、日本代表HC続投にNZの識者ガックリ「ボディーブローだ。許容できない」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で8強に導いたジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の契約更新が決定した。母国のニュージーランド代表HCの後任候補に挙がっていたジョセフ氏を逃した格好になったオールブラックスに対して、スーパーラグビー名門の首脳は「ボディブローだ」と嘆いている。地元紙「ニュージーランド・ヘラルド」が報じている。

ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ【写真:Getty images】
ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ【写真:Getty images】

ハイランダーズCEOクラーク氏がジョセフHCの続投を嘆く

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で8強に導いたジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の契約更新が決定した。母国のニュージーランド代表HCの後任候補に挙がっていたジョセフ氏を逃した格好になったオールブラックスに対して、スーパーラグビー名門の首脳は「ボディブローだ」と嘆いている。地元紙「ニュージーランド・ヘラルド」が報じている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 NZラグビー協会の発表したスティーブ・ハンセンHCの公認候補にリストアップされていたジョセフ氏。W杯3連覇を逃したオールブラックスの復権を担う有力候補と報じられていたが、逃した魚は大きかったと主張するのは、スーパーラグビー強豪ハイランダーズCEOのロジャー・クラーク氏だった。

「オールブラックスのファンとして肩入れしているが、これはかなり残念だ。これはボディブローだ。我々の環境からあのレベルの監督を3人も逃すことは許容できない」

 地元ラジオ局に出演したクラーク氏は嘆き節だった。3人とはかつてハイランダーズを指揮したジョセフ氏、そして、その参謀役として日本代表に残留の決まったトニー・ブラウン氏、そして、南アフリカ代表の監督就任の決まったデイブ・レンニーHCだった。

「これが我々の参戦しているマーケットだ。我々は際立った監督を育ててきた。我々は国際マーケットが貪欲に我々からそんな人材を奪うのを見てきた」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集