[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

阿部詩、正念場の兄・一二三と共闘誓う 五輪内定へ「どうだ見たかとアピールする」

東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会(22~24日)に臨む女子日本代表が21日、試合会場の丸善インテックアリーナ大阪で練習を公開した。22日の女子52キロ級では、8月の世界選手権で2連覇した阿部詩(日体大)が優勝候補。大会3連覇となれば、初の五輪切符が手に入る可能性が高まる地元・関西の大会へ気合を入れた。

阿部詩(左)【写真:浜田洋平】
阿部詩(左)【写真:浜田洋平】

阿部詩、優勝なら東京五輪代表に大きく前進

 東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会(22~24日)に臨む女子日本代表が21日、試合会場の丸善インテックアリーナ大阪で練習を公開した。22日の女子52キロ級では、8月の世界選手権で2連覇した阿部詩(日体大)が優勝候補。大会3連覇となれば、初の五輪切符が手に入る可能性が高まる地元・関西の大会へ気合を入れた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 五輪は男女7階級で出場権は各階級1人。日本代表の選考は3段階あり、一つは8月の世界選手権優勝者が今大会を制し、試合後に行われる全柔連強化委員会で出席者の3分の2以上が賛成すれば内定する。今夏の世界選手権を制した阿部は、志々目愛(了徳寺大職)らを抑えて同級の代表最有力候補となっている。

 昨年大会は、準々決勝で志々目を、決勝で角田夏実(了徳寺学園職)を破り2連覇。角田は一つ下の48キロ級に転向したが「本当に簡単な試合はない。内容もだけど、しっかり勝ちたい」と油断はない。五輪切符に影響する大会へ「本当に自分の目標としていた五輪が一番近づく試合。覚悟を決めて試合に臨みたい」と活躍を誓った。

 男子66キロ級で17、18年世界選手権覇者の兄・一二三(日体大)は、今年の世界選手権を制した丸山城志郎(ミキハウス)に優勝を許せば、五輪出場の可能性が厳しくなる崖っぷち。詩は「お兄ちゃんの強い思いもある。一緒に練習してきたし、一緒に勝ってどうだ見たかという内容を2人でアピールできたら」と兄妹出場、五輪金メダルを願った。

 この日は組手や寝技の確認など、唸り声を上げながら稽古。「人生全てを懸ける思いで五輪に行きたい。プレッシャーは深く考えると、今まで以上にかかっている。それをしっかり力に変えてやりたい。楽しみは一切ない」。代表が決まらなかった階級は、来年2月までの主要国際大会終了時点の実績で判断され、最終選考会は4月の全日本選抜体重別選手権となる。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集