[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 男女テニスで14年ぶりに同国から世界1位 “新女王”は喜びの「2ショット写真」公開

男女テニスで14年ぶりに同国から世界1位 “新女王”は喜びの「2ショット写真」公開

テニスのグランドスラム今季最終戦、全米オープンは佳境を迎えているが、大会終了後に発表される世界ランキングでは14年ぶりに男女ともに同国出身選手が1位に立つ見込みだという。米テニス専門サイト「テニス.com」が報じた。

11日発表の世界ランクでムグルサが史上24人目の1位へ、ナダルはトップの座キープ

 テニスのグランドスラム今季最終戦、全米オープンは佳境を迎えているが、大会終了後に発表される世界ランキングでは14年ぶりに男女ともに同国出身選手が1位に立つ見込みだという。米テニス専門サイト「テニス.com」が報じた。

 女子は世界ランク1位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)が準々決勝でココ・バンダウェイ(米国)に0-2でストレート負け。WTA公式サイトによれば、これによりプリスコバは昨年の全米オープン準優勝で手にしたポイントを失うため、今年のウィンブルドン覇者で現在同3位のガルビネ・ムグルサ(スペイン)がトップに浮上するという。

 女子でスペイン出身選手がランキングトップに立つのは、1995年のアランチャ・サンチェス・ビカリオ以来2人目。ムグルサはWTA史上24人目の1位選手となる。

 一方の男子は、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)が準決勝に進出。同2位のアンディ・マレー(英国)は臀部の痛みで全米オープンを欠場、同3位のロジャー・フェデラー(スイス)も準々決勝でフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)に敗れて姿を消しており、1位の座をキープすることが決まっている。

 最新の世界ランキングでは、ナダルとムグルサ、男女ともにスペイン出身選手が1位に立つことになるが、米テニス専門サイト「テニス.com」によれば、ATPとWTAのNO1に同国の選手が立つのは2003年のアンディ・ロディックとセリーナ・ウィリアムズ(ともに米国)以来、実に14年ぶりだという。“新女王”のムグルサは7日、自身の公式ツイッターにナダルとスペイン国旗を手にする2ショット写真を投稿して、喜びを分かち合っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー