[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、2戦連続20得点超 FGは9/12成功「アグレッシブに、自信を持って行った」

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が13日(日本時間14日)の敵地セルティックス戦に9試合連続でスタメン出場。ロード3連戦の初戦で21得点、2アシスト、4リバウンド、1スティールをマークし、初の2戦連続20得点超えで存在感を示した。チームは133-140で敗れ、3連敗となった。

八村塁【写真:AP】
八村塁【写真:AP】

チームは3連敗もFG成功率75%で存在感を発揮

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が13日(日本時間14日)の敵地セルティックス戦に9試合連続でスタメン出場。ロード3連戦の初戦で21得点、2アシスト、4リバウンド、1スティールをマークし、初の2戦連続20得点超えで存在感を示した。チームは133-140で敗れ、3連敗となった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 八村が初めて乗り込んだボストンで存在感を示した。第1Qの序盤でオフェンスリバウンドを獲得すると、そのまま左手一本で強烈なワンハンドダンク。会場が静寂に包まれた。以降、試合開始から3分経たずにパーソナルファウルを2度犯し、ファウルトラブルで出場時間も限られたが、前節に続き、20得点超えを記録した。

 試合後は「出だしは悪くなかったけど、ディフェンスが点を獲られているので」と満足感はなし。それでも、この日はフィールドゴールは12本中9本決め、成功率75%。個人としては2戦連続で結果を残した。「アグレッシブに行くということと、自信を持っていくということをやっている」と頷いた。

 第4Qに5つ目のファウルを犯した後も積極的に攻めた八村。「ファウルを気にしても仕方なかった。アグレッシブに行こうと思っていた」とし、ボストンで初めて戦った感想については「すごかった。アリーナがちょっと寒かったけど、ファンも多く、歓声も聞こえた」と話した。苦しいチームの中で一つ一つ経験を積みながら、成長していく。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集