[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本女子、中国に完敗で4度目準V 奮闘も逆転負けの伊藤美誠「打ち急いだのが敗因」

卓球のJA全農ワールドカップ(W杯)団体戦の女子決勝が10日、東京体育館で行われ、世界チームランク2位の日本は同1位の中国に0-3で敗戦。2大会連続4度目の銀メダルとなった。2011、13、18年大会に続く4度目の決勝だったが、全て中国に敗戦。五輪、世界選手権、W杯の3大大会の団体戦では、1971年世界選手権以来48年ぶりの中国戦勝利はならず、卓球王国にW杯9大会連続11度目の優勝を許した。

女子日本代表の伊藤美誠【写真:Getty Images】
女子日本代表の伊藤美誠【写真:Getty Images】

中国に48年ぶり勝利ならず、伊藤はサバサバ

 卓球のJA全農ワールドカップ(W杯)団体戦の女子決勝が10日、東京体育館で行われ、世界チームランク2位の日本は同1位の中国に0-3で敗戦。2大会連続4度目の銀メダルとなった。2011、13、18年大会に続く4度目の決勝だったが、全て中国に敗戦。五輪、世界選手権、W杯の3大大会の団体戦では、1971年世界選手権以来48年ぶりの中国戦勝利はならず、卓球王国にW杯9大会連続11度目の優勝を許した。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 第1試合のダブルスは、主将の石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)組が、世界ランク1位・陳夢、同2位・劉詩文の組にストレート負け。

 続くシングルスはエースの伊藤美誠(スターツ)が世界ランク3位・孫穎莎と対戦。2セットを連取したが、第3、4ゲームを落としタイに。最終ゲームは10-7のマッチポイントとしたが、そこから連続失点で接戦を落とした。第3試合も平野がストレートで敗れ、4度目の準優勝に終わった。

 試合後、伊藤は相手エースとの対決を振り返り、「2-0のところで、3-0で勝てなかったところが一番大きい。最後も10-7で打ち急いだところが敗因。やはり負けは負け。出し切れたところは出し切れた。悔しいですけど、ちょっとすっきりした負け」と清々しく語った。

 さらに「やるべきことはあったが、大事なところで孫選手のほうが実力が上。まだまだ自分が上がるチャンスをくれたなと思っています」とこの敗戦を糧とすることを誓った。

 平野「中国選手なので相手も一段と強くて勝てなくて悔しいです。普段のワールドツアーとは違って、団体戦でプレッシャーがかかった。プレッシャーがない時のようなプレーを頑張っていきたい」

 石川「最低目標の決勝進出はできてほっとしているが、中国の強さを知ってまだまだレベルアップが必要。東京オリンピックでリベンジします」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集