[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宮原知子、充実の銀 美しきレイバックに海外絶賛の嵐「まさに完璧」「これが本物」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦中国杯は9日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アンナ・シェルバコワ(ロシア)が152.53点、合計226.04点で優勝。連勝でGPファイナル進出を決めた。宮原知子(関大)が142.27点を記録して合計211.18点で2位に入った。ISU(国際スケート連盟)は宮原の美しいレイバックスピンに動画付きで脚光。「素敵、美しい、エレガント」と称賛している。

GP初戦で2位に入った宮原知子【写真:Getty Images】
GP初戦で2位に入った宮原知子【写真:Getty Images】

シェルバコワに次ぐ2位でフィニッシュ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦中国杯は9日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アンナ・シェルバコワ(ロシア)が152.53点、合計226.04点で優勝。連勝でGPファイナル進出を決めた。宮原知子(関大)は142.27点を記録して合計211.18点で2位に入った。国際スケート連盟(ISU)は宮原の美しいレイバックスピンに動画付きで脚光。「素敵、美しい、エレガント」と称賛している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 若き才女シェルバコワに次いで銀メダルを獲得した宮原。ジャンプで大きなミスもなく、着氷し続けたフリーの演技のラストだ。

 グレーの衣装の宮原は、4分の演技の最後に得意のレイバックスピンを披露した。上体をそらしながら、軸をしっかりと保ち回転。そしてエッジを手でつかみ、美しい姿勢で綺麗な回転を続けた。

 これぞ宮原! というレイバック。ISUも公式ツイッターで「素敵、美しい、そしてエレガント、サトコ!」とキャプションを付けて脚光を浴びせているが、海外ファンからも喝采が上がった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集