[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、21得点の躍動 前半FG成功100%、球宴出場5度名手に臆せず チームは2連敗

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が8日(日本時間9日)の本拠地キャバリアーズ戦に8試合連続でスタメン出場。前の試合では、NBAキャリア初の無得点に終わった八村だったが、この日は攻守両面で存在感を放ち、自身2度目の20点超えとなる21得点を記録。チームは100-113で敗れ、2連敗となった。

ラブを封じた八村【写真:Getty Images】
ラブを封じた八村【写真:Getty Images】

名手ラブとマッチアップも攻め立て得点量産

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が8日(日本時間9日)の本拠地キャバリアーズ戦に8試合連続でスタメン出場。前の試合では、NBAキャリア初の無得点に終わった八村だったが、この日は攻守両面で存在感を放ち、自身2度目の20点超えとなる21得点を記録。チームは100-113で敗れ、2連敗となった。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 この日はオールスター出場5回を誇る、リーグ屈指のPFケビン・ラブとマッチアップした八村。第1クォーター(Q)から臆することなく積極的に攻め立て、得点を重ねる。

 第2Qには豪快なダンクで会場を沸かせた八村。ディフェンス面でもラブに仕事をさせない。前半終了間際に怒涛の得点ラッシュを見せた八村は、7本中すべてのフィールドゴールをリングに沈め、前半だけで15得点の活躍。しかしチームは相変わらず波に乗れず、前半残り3分41秒の地点ですでに11回のターンオーバーを記録するなど、52-67とリードを許して試合を折り返した。

 後半に入ってもこの日の八村は止まらない。序盤にはラブに立て続けに得点を許す場面こそあったものの、この日2つ目のスティールを記録。積極的にリングへ迫って得点を挙げれば、シュートと見せかけた冷静なパスで、トーマス・ブライアントの得点をアシストなど、チームの攻撃を支えた。さらに、第3Q残り3分11秒でブラッドリー・ビールとのピック・アンド・ロールからダンクを決めると雄叫び。自身2度目となる20得点の大台突破。会場もこの日一番の歓声が上がった。

 八村のダンクから始まった流れに乗ったウィザーズが、怒涛の追い上げを見せて、84-88の僅差で試合は第4Qへ。しかし、最後はキャバリアーズが意地を見せ、振り切った。八村は自己最多23得点に迫り、チーム2位の21得点をマーク。3アシスト、7リバウンドと攻守で活躍を見せたが、チームは2連敗となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集