[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「NZにとってW杯最悪の敗北だ」 母国メディアが指摘した理由「実績ある王者が…」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日の準決勝で世界ランク1位ニュージーランドが同2位イングランドに7-19で敗れ、史上初の3連覇を逃した。決勝にも辿り着けず、迎えた終戦の時。母国メディアは「これはオールブラックスにとってW杯最悪の敗北だ」と断じ、特集を組んでいる。

イングランドに7-19で敗れたニュージーランド【写真:荒川祐史】
イングランドに7-19で敗れたニュージーランド【写真:荒川祐史】

イングランドに敗れてV3逃す、NZメディア特集「なぜNZにとってW杯最悪の敗北なのか」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日の準決勝で世界ランク1位ニュージーランドが同2位イングランドに7-19で敗れ、史上初の3連覇を逃した。決勝にも辿り着けず、迎えた終戦の時。母国メディアは「これはオールブラックスにとってW杯最悪の敗北だ」と断じ、特集を組んでいる。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

「オールブラックス対イングランド:なぜこれはニュージーランドにとってW杯で最悪の敗北なのか」と見出しを打って特集したのは、ニュージーランドメディア「スタッフ」だった。

 記事では「これはオールブラックスにとってW杯最悪の敗北だ」と断言。記事では今大会より早期敗退となった07年大会準々決勝フランス戦を比較した上で「しかし、十分な考慮の末には、この7-19でのイングランド戦の敗北がそれを上回る」と指摘している。当時は1987年大会で初代王者となって以降、4年に一度の大会の大舞台で足をすくわれることもあった。

「代表チームと同じように、我々は国全体で“予期しない”敗退に不本意ながら慣れていった」としたが「しかし、今回は違う」と力説し、3連覇を目指す今回は状況が異なることを挙げた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集