[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、一人別次元の今季世界最高SPに海外絶賛「今日、彼の目は燃えていた」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは25日(日本時間26日)、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(ANA)が今季世界最高となる109.60点をマークし、堂々の首位発進。89.05点で2位だったカムデン・プルキネン(米国)に20.55点の大差をつけた。海外メディアも「今日、彼の目は燃えていた」「熟練のパフォーマンス」と称賛している。

今季世界最高となる109.60点をマークした羽生結弦【写真:Getty Images】
今季世界最高となる109.60点をマークした羽生結弦【写真:Getty Images】

2位に20点超の大差をつける首位発進「熟練のパフォーマンスで華々しい幕開け」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは25日(日本時間26日)、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(ANA)が今季世界最高となる109.60点をマークし、堂々の首位発進。89.05点で2位だったカムデン・プルキネン(米国)に20.55点の大差をつけた。海外メディアも「今日、彼の目は燃えていた」「熟練のパフォーマンス」と称賛している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 王者ここにありを見せつけた。「秋によせて」の調べに乗せた羽生は、冒頭の4回転サルコウを綺麗に決めると、得意の3回転アクセルも綺麗に着氷。4回転―3回転の連続トウループこそ、やや堪えた印象だったが、以降は持ち前の美しいステップ、スピンで加点を引き出し、会場を惹き込んだ。滑り終えると、大歓声とともにくまのプーさんのぬいぐるみが銀盤を黄色く染めた。

 109.60点は今季のSP世界最高得点。盤石の滑り出しを見せた王者を海外メディアも称賛した。米名物記者のジャッキー・ウォン氏は演技中に「ユヅル・ハニュウが4回転サルコウの調子を取り戻す」とツイッターで速報。演技後は「完璧ではないが、彼は満足だろう。今日、彼の目は燃えていた」と王者の闘志を感じ取った。

 また、IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」公式サイトは「ユヅル・ハニュウがスケートカナダの男子ショートプログラムで圧倒」と見出しを打って特集。「五輪王者に2度輝いたハニュウがスケートカナダの男子SPで熟練のパフォーマンスを見せ、自身のGPシリーズを華々しくスタートさせた」と称賛した。

 演技については「大勢のファンが彼らのヒーローのスケートを観にきた、そしてこの日本人スケーターは失望させなかった」「この24歳は安定した4回転サルコウの後、素晴らしいトリプルアクセルを見せた」とレポート。演技後は今季初となった、お馴染みのくまのプーさんが降り注いだことも伝え、華々しい王者の初陣を高く評価していた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集