[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • サッカー日本代表、6大会連続W杯出場 スポーツ界から祝辞続々「鳥肌立った」

サッカー日本代表、6大会連続W杯出場 スポーツ界から祝辞続々「鳥肌立った」

サッカー日本代表は8月31日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア戦に2-0で勝利し、1998年のフランス・ワールドカップ(W杯)から6大会連続6回目の本大会出場を決めた。世界への切符を勝ち獲った「サムライブルー」に対し、サッカー選手やファンのみならず、バドミントン界やレスリング界の一流アスリートも「強かったぁー」「鳥肌立ちました」などと反応を見せている。

現役Jリーガーに加え、バドミントン奥原やレスリング吉田も興奮のメッセージ投稿

 サッカー日本代表は8月31日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア戦に2-0で勝利し、1998年のフランス・ワールドカップ(W杯)から6大会連続6回目の本大会出場を決めた。世界への切符を勝ち獲った「サムライブルー」に対し、サッカー選手やファンのみならず、バドミントン界やレスリング界の一流アスリートも「強かったぁー」「鳥肌立ちました」などと反応を見せている。

 W杯予選でオーストラリアに勝ったことがない、というジンクスを打ち破った大一番は、同じサッカー選手やファンだけにとどまらず、アスリートにとっても高い注目度を誇っていたようだ。試合終了後、続々とツイッターで称賛の声が上がった。

 サッカー界からは、今回故障の影響でメンバー入りを果たせなかった清武弘嗣(セレッソ大阪)が、「凄い試合! おめでとう日本。いろんな気持ちがあるけど、、、本当にいい試合だったな(^^)」とブログを更新。元日本代表の中村憲剛‏(川崎フロンターレ)はツイッターで「素晴らしい勝利でした。出場が決まる瞬間はいつだって素晴らしいですね。日本代表おめでとう」とW杯行きを喜んだ。

 一方、女子バドミントン選手の奥原希望はオーストラリア戦を生観戦。自身のツイッターにスタンドから撮影した写真を投稿するなど複数回にわたって更新し、試合直後には「勝った!!! 2点目は鳥肌立ちました。スポーツはプレーヤーもファンも1つになって一喜一憂できる素敵なもの。ありがとうございました」とつづった。8月のバドミントン世界選手権で日本史上初のシングルス制覇を成し遂げた女王も、W杯出場を決定づけた21歳の井手口陽介(ガンバ大阪)の一撃に衝撃を受けたようだ。

 女子レスリング選手の吉田沙保里は「W杯出場おめでとう。強かったぁー」とくす玉、笑顔、グッドサインの絵文字付きで投稿。五輪三連覇を果たしている“霊長類最強女子”も日本代表を称賛している。

 多くのアスリートにとって、W杯行きを勝ち獲ったサムライブルーの勝利は心に刻まれたようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー