[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本敗退、ジョセフHC「結果は非常に誇り」 諦めない選手を称賛「素晴らしさ示した」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本と南アフリカが4強入りをかけて激突。過去2度の優勝を誇る強豪に対し、日本は健闘及ばず3-26で敗れ、涙をのんだ。9月20日のロシアとの開幕戦からちょうど1か月後、“夢の30日間”に幕を下ろした。日本を率いたジェイミー・ジョセフHCは、選手たちの健闘をねぎらった。

南アフリカに敗れた日本は8強で敗退【写真:荒川祐史】
南アフリカに敗れた日本は8強で敗退【写真:荒川祐史】

試合後の場内インタビュー「最後のタックルがどれだけ素晴らしいチームかを示した」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本と南アフリカが4強入りをかけて激突。過去2度の優勝を誇る強豪に対し、日本は健闘及ばず3-26で敗れ、涙をのんだ。9月20日のロシアとの開幕戦からちょうど1か月後、“夢の30日間”に幕を下ろした。日本を率いたジェイミー・ジョセフHCは、選手たちの健闘をねぎらった。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 選手たち、そしてファンも涙を流した。史上初の8強入りを果たした日本。4強はならなかったが、最後まで全力を出し続けた。試合後、テレビインタビューに立ったジョセフHCは「ハーフタイムで選手たちが少しダウンしていた。素晴らしい勇気、強い決意を持って最後まで頑張ってくれた。チームとして頑張った。日本のファンの皆様、ありがとうございました。チームとして本当に誇りを持っています。これを受け入れてさらに進んで行きたい」と振り返った。

 試合は世界屈指のフィジカルを誇る南アフリカに対し、日本の得意のスクラムが封じられた。今大会初のノートライで敗北。それでも、23点差がついた終盤も相手にタックルを浴びせ、最後の1秒、ノーサイドの瞬間まで力を出し尽くした。

 ジョセフHCは「私はチームを本当に誇りに思います。粘り強さ、そして決意。最後のタックルがどれだけ素晴らしいチームかを示していたと思う。W杯の結果を非常に誇りに思う。これを受け入れ、少し楽しみたい。選手は本当によく尽くしてくれて、国のために大きく貢献した」と選手を称えた。続投が決定しており、今後の日本ラグビーについて「今、いい立ち位置にある。全てのラグビーチームにとっていいチームを作る」とした。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集