[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

坂本花織が会心2位発進 樋口新葉も復活のパーフェクト演技で3位…スケートアメリカ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカは18日(日本時間19日)、女子ショートプログラム(SP)で昨季の全日本女王の坂本花織(シスメックス)は73.25点の2位、2018年世界選手権準Vの樋口新葉(明大)は71.76点の3位と好発進を決めた。ブレイディ・テネル(米国)が75.10点で首位に立った。

坂本花織(左)と樋口新葉【写真:Getty Images】
坂本花織(左)と樋口新葉【写真:Getty Images】

坂本が2位、樋口が3位、テネルが首位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカは18日(日本時間19日)、女子ショートプログラム(SP)で昨季の全日本女王の坂本花織(シスメックス)は73.25点の2位、2018年世界選手権準Vの樋口新葉(明大)は71.76点の3位と好発進を決めた。ブレイディ・テネル(米国)が75.10点で首位に立った。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 全日本女王の坂本は冒頭の連続3回転、続くダブルアクセル、後半の3回転ループと完璧なジャンプをそろえ、見後なノーミス演技だった。

 また昨季は怪我に苦しんだ樋口も3本のジャンプをすべて美しく決めるパーフェクトな演技でガッツポーズ。71.76点の好スコアで坂本に続いて3位と復活の狼煙を上げた。

 フリーは19日(日本時間20日)に行われる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集