[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁に海外からは相次ぐ賛辞 4人包囲無力化の怪物ダンクが「トッププレー」選出

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)に出場している世界ランク48位の日本は3日、同24位・チェコとの第2戦(上海・東方体育中心)を行い、76-89で2連敗となった。1日のトルコ戦で徹底マークを受けた八村塁(ウィザーズ)は先発出場し、21得点と存在感を発揮。試合後は悔しさを露わにした日本のエースだったが、国際バスケットボール連盟(FIBA)は、第3クオーター(Q)に決めたリバウンドからの、4人に囲まれながらの豪快ダンクをこの日の「トッププレー」に選出している。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

第3Qで決めた4人に囲まれながら決めた豪快なダンクを海外称賛

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)に出場している世界ランク48位の日本は3日、同24位・チェコとの第2戦(上海・東方体育中心)を行い、76-89で2連敗となった。1日のトルコ戦で徹底マークを受けた八村塁(ウィザーズ)は先発出場し、21得点と存在感を発揮。試合後は悔しさを露わにした日本のエースだったが、国際バスケットボール連盟(FIBA)は、第3クオーター(Q)に決めたリバウンドからの、4人に囲まれながらの豪快ダンクをこの日の「トッププレー」に選出している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 敗戦の中で確かな輝きを放つのがエースの役目だ。第3Q開始3分35秒、4人に囲まれながらもオフェンスリバウンドを奪い取った八村は、再び飛び上がりリングにボールを叩き込む。ド迫力の豪快なプレーで現地ファンを沸かせ、背番号8も全身の力を込めて絶叫した。

 2連敗で1次リーグ敗退が事実上決定。そんなチームの中でも別格の存在感を披露した八村の、豪快ダンクをFIBAも高く評価している。連日5本の「トッププレー」を選出しているが、その中の1本に4人に囲まれながらも決めた豪快ダンクが入っている。

 さらにウィザーズも、公式インスタグラムで八村の活躍シーンをハイライトで紹介。「チェコ戦での塁のベストプレーをいくつか」と題した動画では、ダンクシーンがクローズアップされている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集