[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

セリーナが号泣、棄権後に… 19歳の“労いの抱擁”に海外感動「本当に一流の行いだ」

女子テニスのロジャーズ・カップは11日(日本時間12日)、シングルス決勝で復帰後初Vを狙った元世界ランク1位セリーナ・ウィリアムズ(米国)は世界27位ビアンカ・アンドレースク(カナダ)と対戦したが、第1セット途中に背中の痛みにより途中棄権したが、感動的なシーンが生まれた。

セリーナ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】
セリーナ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】

セリーナが途中棄権、19歳アンドレースクが歩み寄り抱擁「素晴らしい瞬間」

 女子テニスのロジャーズ・カップは11日(日本時間12日)、シングルス決勝で復帰後初Vを狙った元世界ランク1位セリーナ・ウィリアムズ(米国)は世界27位ビアンカ・アンドレースク(カナダ)と対戦したが、第1セット途中に背中の痛みにより途中棄権したが、感動的なシーンが生まれた。人目もはばからず、ベンチで号泣した37歳のセリーナに19歳のアンドレースクが歩み寄り、熱い抱擁。会場から拍手が沸き起こった。WTAが実際のシーンを公開し、「本当に一流の行いだ」と海外で反響を呼んでいる。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 復帰後初Vを狙った決勝はまさかの幕切れとなった。第4ゲームを1-3とリードを許して終えるとベンチに戻り、涙を流した。無念の途中棄権。優勝を目指した強さが悔しさとなってあふれ出た。百戦錬磨の元女王が人目をはばからず、肩を揺らし、目元を押さえた。会場もいたたまれない空気に包まれる。そんな時だった。

 優勝が決まったアンドレースクが立ち上がり、相手ベンチに向かった。すると、両手を広げ、セリーナにハグを求めたのだ。これには驚いた会場からどよめきが起こる。優しく抱擁を交わすとしゃがみ込み、手を握りながらセリーナと声を交わす。すると、元女王から笑みがこぼれた。しばし、健闘を称え合い、最後は立ち上がって再び、熱いハグを交わした。

 19歳が37歳の女王に対し、演じた感動的なスポーツマンシップ。会場からはこの日一番の拍手と歓声が降り注いだ。WTA公式インスタグラムは「『故障についてはなんでも知っている』 棄権後、ビアンカ・アンドレースクがセリーナ・ウィリアムズを慰める。ビアンカが故郷で勝利」とつづり、実際のシーンを公開。海外ファンに感動が広がっている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集