[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織に激闘の末敗れたヤングが差別発言被害 ショックの波紋は世界に拡大

錦織に激闘の末敗れたヤングが差別発言被害 ショックの波紋は世界に拡大

男子テニスシングルス世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)は、シティ・オープン2回戦で同58位のドナルド・ヤング(米国)に6-3、4-6、7-6で勝利した。日本のエースをフルセットまで追い詰める激闘を演じた対戦相手のヤングだが、試合後にSNS上で人種差別を受け、波紋が広がっている。

シティOP2回戦、日本のエースをフルセットまで追い詰めるも敗戦

 男子テニスシングルス世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)は、シティ・オープン2回戦で同58位のドナルド・ヤング(米国)に6-3、4-6、7-6で勝利した。日本のエースをフルセットまで追い詰める激闘を演じた対戦相手のヤングだが、試合後にSNS上で人種差別を受け、波紋が広がっている。

 ジュニア時代からしのぎを削ってきた同世代のヤングは、プロ転向後に水をあけられた錦織を追い詰めた。米紙「ワシントン・ポスト」は「今大会で最もドラマチックなものとなった」と評したが、ヤングのツイッターには試合後、心ないメッセージが届いたようだ。

「お前がメジャータイトルを獲得することは絶対にない。なぜならお前はクズだからだ。大げさなドラマを求める典型的な黒人だ。ケイとティムはそんな大芝居はしなかった」

 英紙「メトロ」によれば、メッセージにはコート上で倒れこんだヤングの写真が添付され、人種差別用語を用いて、ヤングを中傷していたという。ケイは錦織を意味し、ティムはヤングが初戦で破った世界ランキング205位のティム・スマイチェック(米国)を表しているものと見られる。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー