[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “相思相愛”の引退— NBAの名手が愛する球団に電撃凱旋 胸に秘めた万感の想いとは

“相思相愛”の引退— NBAの名手が愛する球団に電撃凱旋 胸に秘めた万感の想いとは

NBAボストン・セルティックスは17日、2016-17シーズン限りでの現役引退を発表していたポール・ピアースとの契約を発表。オールスター出場10度を誇るベテランは、プロ入りから15年を過ごした愛するチームの一員として、キャリアにピリオドを打った。

昨季限りで現役を引退したピアースがセルティックスと”1日契約”

 NBAボストン・セルティックスは17日、2016-17シーズン限りでの現役引退を発表していたポール・ピアースとの契約を発表。オールスター出場10度を誇るベテランは、プロ入りから15年を過ごした愛するチームの一員として、キャリアにピリオドを打った。

 まさに「相思相愛」の最後だった。

 1998年にドラフト1巡目10位で名門セルティックス入りしたピアースは、1年目から中心選手として活躍。勝負強いプレーで3年目の2000-01シーズンには平均得点を20点の大台に乗せ、翌年からは5年連続でオールスター出場も果たすなど、“ザ・トゥルース”(本物)の愛称で親しまれた。

 2007-08シーズンには、移籍してきたスター選手のケビン・ガーネット、レイ・アレンととも「ビッグ3」を結成。シーズン66勝を挙げると、リーグ優勝を懸けたファイナルでは平均21.8得点、4.5リバウンド、6.3アシストをマークし、自身初、チームとしても22年ぶり17回目のリーグタイトルを手にした。ピアースは見事ファイナルMVPに輝いている。

 カンファレンス最下位からNBAの頂点まで酸いも甘いもかみ分けたピアースはその後、2013-14シーズンにブルックリン・ネッツへと移籍し、ワシントン・ウィザーズ、ロサンゼルス・クリッパーズを渡り歩いた。それでも、セルティックス在籍15年間で記録した3点シュート成功数(1823本)、フリースロー成功数(6434本)、スティール数(1583本)は球団史上歴代トップ。通算2万4021点も同2位と、セルティックスと共に歩んだNBA人生だった。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー